人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

セイビは創立44年目です。

ときどき、「いつからやってますか?」という質問を受けます。
セイビは1975年からやっております。
英国でマーガレット・サッチャーが首相となり、ザ・ピーナッツが引退し、キャンデーズが「年下の男の子」を唄い、テレビでは「戦隊シリーズ」が放映開始。スピルバーグの「ジョーズ」が封切られた年。
もう半世紀近く前のことです。

当時は「受験戦争」のまっただなか。
中学も高校も、受験予備校化していました。
若者たちは偏差値で将来が決まってしまう、といっても過言ではなかった。
「良い進学」こそが、すべてのような風潮の中で、流され彷徨っているのが、当時の中高生でした。

そんななかで、セイビは開所しました。
当時は美術というと、「進学には無用の科目」であり、しばしば授業はつぶれてしまい、気がつけば、
英語教師が教壇に立っておりました。
「受験は大変で、つめこみばかりだ。置いてきぼりの落ちこぼれには将来はない」
当時の若者は、心の奥でそう考えていた、と思います。

セイビは、このときの心境を原点として、美大受験に挑んでいます。
当時真ん中より下にいて、劣等感と焦燥感に悩まされていた、その記憶。
受験を否定しようにも、それはありつづける。
だしとたら、なんとかみんなが納得して、希望を持って進学できるような仕組みに変えられないか。
「がんばったけれど、なんのためだったのか分からない。劣等感は残った」ということのないようにできないか。

進学のために受験するのですから、それは厳しい競争です。
競争はどこにもあって、それに背を向けていられないのです。
しかし、がんばれば、なんとかなる。そして、志望大学に入れる。

つまりそれは、「夢がかなう」ということ。

自分の努力が報われて、夢がかなう、同時に達成感がある。

これは人生において必要なことです。

そこで、「とにかく全員を、一年で、合格させよう」と考えたわけです。
長期間の美大受験生活は、スキルアップには有効なのですが、歪みもまた生みます。
全員合格。そのためには、一人ひとりと向き合わなくてはなりません。
全員同一カリキュラムでは、できないことなのです。
そして、もう少しなのにダメだと思っている生徒。
自分はそんなポテンシャルはないと、勝手に思い込んでる生徒。
そういう生徒に寄り添って考えていきます。
それは妥協ではなく、戦う術を身につけさせ、立ち向かわせる勇気に火をつけることです。

これは実際難しいのです。

それでも、セイビでは、最後にはみんな、元気に巣立っていきます。
「やればできた」
「ムリかと思ってたけれど、受かった」
「正直怖かったけれど克服した」
それは、自分で勝ち取った勝利だから、実感していえることなのでしょう。

ちっぽけで、昔のままの、「美術研究所」ですが。
少人数で、ゆっくりやっているところですが。

セイビは、美大受験に挑んでいます。
そして、なによりも、自信をなくしたり、意味不明の劣等感を持つことなく、大学へ、そして社会へと踏み出せる勇気を育てています。




by seibi-seibi | 2019-03-30 10:46 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

3月30日 5時より 説明会を開催します

3月30日の土曜日、5時~、全体説明会行いますので、皆様お寄りください。

おもに受験科についての説明となりますが、基礎クラス 準備クラスに興味のある中一から高二くらいまでの方、あるいは保護者の方の御来所をお待ちしています。

美大受験について

1 最近の受験について。実技試験と学科試験について。AO入試について。

2 現役合格にはなにが必要か。

3 セイビのカリキュラムと受験についてのかんがえ方。姿勢について

主な内容はこのあたりになるのでしょうが、
美術・デザイン全般についての質問にも、お答え致します。
進路の問題や、美大の学科・コース等の特色について。

このようなことについても、質疑応答を行います

是非お立ち寄りください。



by seibi-seibi | 2019-03-28 11:24 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

春期講習始まりました

今年も春期講習が始まりました。
例年通り、浪人生は出していないので、みんな新人か、新高3生です。
逆に言えば、ゼロから立ち上げる感じになります。

春期講習は、心構えの習得を目的としています。
6時間、集中して描き続けるだけでも、大変なことなのです。
描いて、観察して、どこかで限界が来ます。
そこからが、勝負です。
どう描けばいいのか、わからなくなる。
何をしたらいいのか、どう手をくわえるのか、わからなくなる。
f0234596_06383995.jpg
マニュアルは、ありません。
各自、モチーフと向かい合って考え、手を動かすしかないのです。
そうやって会得していかなかったら、自分のものにはなりません。
描くことは忍耐を要求します。
解らないから面白い。ということを理解していかなかったら、
なんのために、絵など描くのか。
発見していくこと。
その面白さを知らなくては、この分野に入る必要はないといえます。


by seibi-seibi | 2019-03-27 06:39 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

本日より、浅野拓也展 開催します

抽象表現で制作を続ける、浅野拓也の作品を展示いたします。
支持体から制作し、既成の絵画表現を超えていく試み。
日々のときの移ろいをつなぎとめるかのような筆致は、過ぎ去り、失われていく記憶をつなぎとめ、定着させる試みでもあります。普段は大きい作品を作る作家ですが、今回は小さめの作品を選定して展示いたします。
お近くにお寄りの場合は、是非、ご高覧ください。




by seibi-seibi | 2019-03-25 10:12 | Comments(0)

明日から春期講習です!!

2019年度春期講習、明日から開催します。
前年度の受験生たちは、美大に進学決定して、いまは入学式を待っており、セイビは静かなものです。

明日からは全員、新しい受験生と共に、現役合格を目指してがんばります。

セイビは現役合格がアタリマエ。
あまりにもアタリマエになってしまっているので、合格者実績を書いておりません。
ただ、現役で合格するのは、そうたやすくはありません。
毎日努力して、ストレスとも戦い、自己に勝つ強靭な意志がなくてはできません。

つまりは一人ひとりの、「本気」にかかっています。

今年も頑張りましょう


by seibi-seibi | 2019-03-25 08:55 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

春期にむけて

現在セイビは三学期を終了し、受付期間になっています。

受付時間は、12-6時くらいまで。

できればお電話 03-3484-8367 をいただけるとありがたいです。

所用であけていることもあるものですから。


さて、大学受験現役生たちは全員、ムサタマへと旅立っていきましたが、まだ、高校受験は続いておりました。
それも先週末の合格発表で全員合格しました!!
これで都立総合芸術高校受験生を、100%合格させられました。

大学受験よりもきつい難易度、そして後のない高校受験ということで、合格しないと大変なので、いつも気を使います。

今年はなんとか完全合格しましたが、毎年そうとばかりは行かず、厳しい受験といわざる終えません。
来年お考えの中学生は一刻も早くはじめてほしいものです。


by seibi-seibi | 2019-03-05 10:38 | 芸大 美大受験 | Comments(0)