人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

試験までにすべきこと1

受験まで数週間となりました。
受験生が一番緊張する時期です。冷静に落ち着いて、といっても、浮き足立ってしまうもの。
じっさいは、ほとんどの受験生が、不安と焦りと戦っているはずです。

さて、この時期なにをすべきなのでしょうか。

1 段取りの確認

試験時間内でできることは限られています。それは全受験生に平等です。「すこしでも良い絵を」描くことに固執してしまいがちですが、その前に段取りです。なにを用意しなくてはならないか。実技試験前に、なにを整理しておくべきか。これができていないと、どんなに焦っても、うまくいかないものです。

・絵の具や筆、鉛筆、といったものが整理され、削られているか。予備はあるか。
・実技試験の内容や、過去問、条件等に眼を通しているか。
・絵の具の混色とか、最初から必要と分かっているものを用意できているか。

このあたりがもっとも見落としがちな事柄です。
試験当日は慌しい上に不安でもあり、焦りもあります。そんななかで不測の事態を回避して、合格するために、段取りを忘れないようにしましょう。

2 時間内での進め方を考えているか

どんなに、アイデアがあろうと、発想があろうと、試験時間内に完成しなくては、意味がありません。実技試験の時間内で、仕上げられるか。どのくらい完成度をあげられるのか。すべては時間との戦いです。時間配分をして、なにを先にやるのか、どこまでを何時間でこなすのか。そして、少しでも時間に余裕を持って終わらせられるのか。これもまた、勝敗を分ける鍵です。

3 学科をちゃんとやっているか

実技ができても、学科が疎かになれば、合格は遠のきます。本当に合格したければ、学科の最終調整、復習を確実に行って、万全を期してほしいものです。
最近の美大学科は、難易度と量において、簡単で、薄くなってしまっています。
ということは、学科の合格平均点が高くなります。
受験者平均ではなくて、合格者の平均値です。
ですので、かなり得点しても、あまり差がつかないということです。
まして、低得点の場合、合格はさらに彼方に、確実に、遠のきます。試験は、合計点で争われます。点数の足し算である以上、高得点を目指すのが当然。この時期一番できることは、学科を固めることかもしれません。


by seibi-seibi | 2019-01-07 10:21 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

新年明けましていおめでとうございます

2019年直前講習を開始いたします。

受験まであと数週間。この時期は何かと慌しく過ぎてしまいますが、
今年も、全員合格を勝ち取りましょう。

浪人生を出さない、一年で合格する。

いままでの頑張りが、確実に結果となるよう、最後まではしりつづけましょう。



by seibi-seibi | 2019-01-04 09:11 | Comments(0)