人気ブログランキング |

基礎コース 初めてのデッサン

夏期講習では、はじめてデッサンを学ぶ人もいます。
今回はそんな初めての作品を紹介。
f0234596_1794697.jpg

中学生作品
卓上に配置されたモチーフを描く基礎課題です。
この時点では、よく見る 観察する 描く を基本として進めています。
描きながらおかしいところや、なにか問題点を感じたら、その部分をよく見てから直していきます。
パース等の理論はまだ、知らないで描いていますが、観察はしています。
f0234596_17101264.jpg

中学生作品
こちらは「体験」で描いた紙風船です。
紙風船は細かな表情を丹念に追いながら描いていかないと、質感が感じられず、
のっぺりした絵になりがちです。
この作品の場合も、一つ一つの色を描き分け、皴や折り目をたよりに、描き進めています。
よく観察した作品になっています。
f0234596_17104677.jpg

高校生作品
やはりはじめて描くデッサンです。
高校生は、観察しているうちに、遠近法的な見え方の問題に気づく人も多く
そういう場合はその都度、幾分かの示唆をしていますが、
この作品はほとんど独力で描いています。
f0234596_17111572.jpg

高校生作品
こちらも基礎コースです。
よく見て気づいたところは直しながら進められたようです。

基礎コースでは鉛筆の削り方、もち方など、一から指導していきますので
まったく描いた経験がなくても、二週間ほどでかに基礎はわかるかとおもいます
by seibi-seibi | 2015-08-14 17:23 | Comments(0)


<< 2015夏期講習終了 志望別カリキュラムです >>