美と生きる


最近は一般の方が多くなりました。
年齢層も30代から70代まで広く、さまざまな方が学びに来られます。
多忙なシゴトの合間を縫うように時間を捻出してこられる方。リタイアしたあとの、自由に使える時間で、何かをしたいといらっしゃる方。もう一度美大受験を考えて、受験生として学ばれる方。立場や経歴はさまざまですが、みなさん一様に、やりたいことと意欲はお持ちです。
「本当にしたいことが、描くことだったんですよ」と、仰る方がいる。
「いままで大学も就職考えて選択して、卒業してからはシゴトし続けてきました。でも、最近ふと、思ったんです。ほんとうはどうしていたかったのかな、と。仕事の合間とかですね、ふっと、思っていたりしたんです。いや、ココが近くにあるのは知っていたんですけれどね、ちょっと敷居が高いというか、そんな感じがして来なかった。でも気になるんです。それでちょっと行ってみようかと・・・。」
そんな話をなされる。
そんなに敷居は高くないつもりなんですが、世間一般から見たら、研究所なんて書いてあるし、ちょっと入りづらいのでししょう。
・・・本当にしたいことは・・・
この一言が耳に残りました。
社会人になって責任や家庭を持つと、それをこなしていくだけでも大変なのはいうまでもありません。日々、生活に追われ、時間は矢のように過ぎていく日常のなかで、「本当にしたいこと」を思い描く。
誰にでもある一瞬だとおもいます。
一般クラスにの生徒さんの多くが、自分にとってなにが一番大切だったのか、それに気づき、見つけようとしています。生まれて生きてきた、膨大な時間。さまざまな経験もしていましょうし、時には砂を噛むような思いもしてきたはずです。すべてが愉しく過ごせないのが世の習いであれば、一人ひとりさまざまな思いを抱えているはずです。
生きるとはたぶん、そういうことなのでしょう。
そして、もっとも大切な、自分にとって必要不可欠なものがなんであったのか、自問するときがあるでしょう。
そのとき、モノでもなく、金銭でもない美術が思い浮かぶ方もいらっしゃる。
もし、そういう替え難い何かが、描くことだ、創ることだ、と気づかれたなら、どうぞいらしてください。


# by seibi-seibi | 2018-11-19 18:31 | 一般絵画コース | Comments(0)

冬期講習募集中

2018年冬期講習募集中です

これからはじめたい中高生。将来受験を考えている方に、初歩から指導します。
冬期講習から参加すれば、そのあと引き続き三学期入学をした場合

入学金免除

そのうえ

研究費が30%引き

となりますので、この機会をお見逃しなく。

なぜこのような特典を用意しているかといいますと、
少しでも早く、実技をはじめて、最小限の事柄を習得してほしいからなのです。とくに来年は3年生になる高校生で、春期以降からはじめるのと、冬期からでは、やはりかなりのアドバンテージができてしまうからです。
少しでも早く慣れ親しんでもらうことで、いっそう、現役合格が確実となるからなのです。

セイビでは、原則として、浪人は考えていません。
現役で、一年以内に美大生になる、それが当然と考えているからです。
内部での浪人生を出さないアトリエ、それがセイビです。
セイビは常に、受験生の立場で考えています。

興味のある方はご連絡を。
無料体験もしています。


# by seibi-seibi | 2018-11-16 14:12 | Comments(0)

段取りのことなど

受験も近くなってきて、やらなくてはならないことも増えてきています。
実技だけでも大変なのに、学科もあるのです。現役生にとっては、高校やクラブもあって、めまぐるしく過ごしていることでしょう。そんな時間に追われるなかで、これから大切になるのは「段取り」です。実技で必要な道具の用意と整理。それを授業前にきちんとやっておくこと。これが特に大切なのです。
「段取り」を考えるとは、これから行う実技で、なにをしなくてはならなていのか、何が必要なのかを考え、予測することです。予測ができていれば、その現場で滞りなく物事をすすめられるのです。
「段取り」が受験生に必要なのはこのためです。
そして、「段取り」がうまくなってくると、フシギとすべてのクオリティがあがり、よい結果となります。
f0234596_14321366.jpg
鉛筆の用意はいいか。足りない鉛筆はないか。
絵の具と筆はきちんと揃っているか。いつでも使えるようにまとめたりしてあるのか。
水張りテープや備品類は足りなくなっていないか。

そういうことを、日々確認し、実技の時間には万全の体制で臨めるようにするのが、合格への近道なのです。


# by seibi-seibi | 2018-11-12 14:32 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

夜間部

二学期の終了まであと4週。
一つ一つの課題が、とても大切になってきています。

セイビでは、現役合格主義を当然と考えていますので、100%合格、浪人ゼロを基本としています。
なぜ、全員合格できるのか。
それは、受験生が自分で考える力を身につけるから。
そのために、必要としない技術ややり方に頼らず、自分と向き合えるように指導しています。

いまの時期は、まず課題を、驕らず、焦らず、確実にこなす。
それと同時に何が問題であるのか、自分で考える。
各自の問題点もさまざまですが、それを自分で分からなかったら、なにも解決しません。
人に言われる前に、考えておいて、実技のときに試してみたり、描き方を変えたりしてみる。
f0234596_13035230.jpg
受験するのは、講師ではなく、各自一人ひとりなのです。
自分で考え、理解して、実践するようにならないと、受験の当日うまくいきません。
自分だけでやれるという、自信がないからです。

受験に勝つには、そういう、自立と思考を身につけなくてはなりません
そのためにも、いまが一番大切な時期です

今年も合格100%になるよう、頑張りましょう。


# by seibi-seibi | 2018-11-09 13:22 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

11月。ココからが大切

ハロウィーンも過ぎ、気がつけば11月です。
受験生たちが肌寒さを感じ始め、日も短くなりました。
二学期はあと4週。
この4週は、非常に重要な時期です。この時期の頑張りが、直前以降にはっきりと出てくるからです。
受験生の多くは、冬期講習あたりになって初めて、受験の存在をリアルに理解するものです。
しかし、それだと遅いのです。もし、それまでに問題点を見出して解決していないと、焦燥感と不安が沸きあがってくるからです。これはもう、止めようとしてもどうしようもなく、襲ってきます。こうなってしまうと、受験本番に自信を持って臨めるわけもありません。いままでクリアできなかったことや、不得意で、できれば避けたいと思っていたことが、すべてマイナス要因となってきます。受験生が一番危険なのは、このような根拠のない不安なのです。
f0234596_12193014.jpg
これを回避するにはどうしたらよいか。
そのためには、ひとつひとつの課題を確実にやりきる、これしかないのです。
それも独力で。
自分ですべてできる。なんとかなる。という経験を積み重ねておけば、受験の当日においても、問題なくいつもどおりにできるものです。その経験ができるのが11月なのです。
まだ焦らずに、自分を磨いていられる。
この時期にどこまで頑張れるのかで、直前講習のときに余裕が生まれてくる。
それが、合格への切符を手にする最短距離なのです。


# by seibi-seibi | 2018-11-06 12:20 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

9月はデザインあ展へ



デザイン科の恒例となってきた「デザインあ展」の見学、今年も行ってきました。
「デザインあ展」を見て、とにかく考えてほしいのは、デザイン思考なのです。
デザインすること、その方法と考え方が、いったいどのようなものであるのか、それを実際に見て、考えてほしい。そう考えて、毎年、この展示に足を運んでいます。
デザインしていくというのは、なにかを直接的にただ提示したり、宣伝したりするものではなくて、その対象の特長とか、普段気づかない点などに着目して、人をひきつけ、驚かせたり、考えさせたりする、そういう仕組みのプロセス全体を指します。デザインされるとは、物事を分解して整理し、分析して、どのように伝えるか、発信するかを考えることにほかなりません。
ただ、カッコ良くする、飾り立てる、ということではないのです。
デザイン思考の、根底にある考え方を、楽しみながら学べる展示として、「デザインあ」展は良く考えられていると思います。日本においてはこのような展示が非常に少なく、デザイン思考の有用性を知ろうとしても、なかなか簡単ではないのが実情でしょう。今回の展示のなかから、生徒たちが、何か一つでも、気づいて、覚醒されることを祈っています。


# by seibi-seibi | 2018-10-18 15:24 | デザインするって? | Comments(0)

木曜 小学生教室

木曜の小学生教室は、「筆を使わない絵」を描いています。
筆で絵の具を拾って描く、そういうことをしなくても、ほかの道具を使って絵の具をひろげると、
いろんな模様や、さまざまなカタチがあらわれます。
それを使って、絵を描いてみよう。
思いがけない発見もあると思いますよ。
f0234596_17375883.jpg
f0234596_17532431.jpg



# by seibi-seibi | 2018-10-16 17:53 | 小学生造形教室 | Comments(0)

二学期も半ばです

あっという間に二学期もなかばになってきてしまいました。
9月から10月、この時期は「合格」に直結する、かなりデリケートな時期になります。
毎年の感覚で、ハロウィーンまでに一応の完成が見られると、合格はかなり楽になるようです。
つまり10/31が最初の区切りになる。
11月になると、焦りと不安も高まり、この時期にできないことが多すぎると、取り返すのに直前講習あたりまでかかってしまうのです。ココ数週間、かなりがんばって、10/31に間に合わせようと悪戦苦闘していました。ここからあと数週間でなんとかなるのか。一人ひとりの資質と、精神力が試されるときが来ました。
f0234596_15460573.jpg
また、少しずつではありますが、ブログも動かしていきます。


# by seibi-seibi | 2018-10-15 15:46 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

本日より二学期開始です

9月3日、二学期開始になりました。
ココからは追い込みとなっていきますので、頑張りましょう。


# by seibi-seibi | 2018-09-03 12:16 | Comments(0)

夏期講習 後期二日目

八月半ばになり、夏期講習も後期になりました。ここからの二週間、暑いさなかですが最後までがんばっていきましょう。
f0234596_15375262.jpg
後期になると前期で行った演習を活かしつつ、応用する演習が増えます。
いままで培った基礎力を用いて、少しばかり実践的な制作に近づけるのです。
急に新しいことを行おうとしても、なかなかすぐにはできないもの。
一見、遅々として進まないようでも、一つ一つを丁寧にじっくり仕上げていく先にこそ、視野が開けてきます。
あまりあせらず、できることをしっかりと、確実に、一歩一歩進んだ先に、跳躍の瞬間が待っているものです。

f0234596_15375186.jpg

# by seibi-seibi | 2018-08-14 17:49 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

夏期講習 後期開始しました

本日より夏期講習後期が開始しました。
期間は8/13-8/25までとなります。
時間は9時~4時まで実技 5時~7時まで学科となります

酷暑の夏・天候不順の夏、ですが、がんばっていきましょう。


# by seibi-seibi | 2018-08-13 08:23 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

夏期講習二週目

2018 夏期講習募集中
いまから美大入試を考えていて、でも絶対合格する気のあるキミ
夏から基礎をやって、美大入試を現役合格したいキミ
とにかくやる気のあるキミ


今回は、高校受験を目指す中学生の様子を紹介します。
美術系の高校というと、まず一番にあがるのが都立総合芸術高校。
最近過熱気味の入試となり、推薦入試、一般入試とも、かなり手ごわい受験となっています。
基本的なデッサンについての理解は、美大入試と同等になりつつあり、それを中学三年でクリアするのは大変だとおもいます。
入試自体は、基本的な形態による構成デッサンであったり、着彩であるのですが、なにしろ倍率があるので、かなり丁寧に描けていないと合格は難しい。そこで、この夏期講習でも、塾との掛け持ちをしながら、描いている中学生たちがおります。

f0234596_09591850.jpg
f0234596_09592443.jpg
出されるモチーフは三つとストライプの布。これを卓上で構成します。
構成すると書くと難しく聞こえますが、大きく入るようにバランスよく配置できればいい。これにはいっていの法則があるので、その仕組みを覚えながら、大きく描きます。あまり小さいと迫力も足りないし、なにより描きづらいのです。
もうひとつ、とにかく鉛筆を削る。徹底的に尖らす。
とがっていない鉛筆はご法度。笑
丸くなってきたら、使わないようにする。
となると、最初に何十本も削っておくよう心がける。
合格の第一歩は、とにかく削れている鉛筆をたくさんに用意すること、です。

着彩(一般入試)のばあいは、イーゼルとなりますし、画面も大きくなります。
実際やってみると分かりますが、扱いがまったく異なります。
早期よりイーゼルで描くのに慣れておかないと、描くこと自体が困難になります。
セイビでは、総合芸術専用の特殊な矩形のパネルを各自二枚貸与して水張りしておきます。
この大きさにも慣れておかないと構図が小さくなってしまうのです。
中学生特有のことかもしれませんが、試験会場でのほんのちょっとした変化に対応できず、慌ててしまって描けなくなる、なんてことのないよう、試験の状態と一致した描画材料と、プロセスを、はじめのうちから演習しています。

f0234596_09592448.jpg

それでもなかなかうまくいかないのが現状です。
じっさい、この試験は中学三年でクリアするには、いささかハードルが高いように感じます。
そこで、とにかく、美大入試のレヴェルはこえて当然、をスローガンとして、励んでいます。
暑い中、最後までやりぬいたら、二学期からは楽になるはずですので、頑張りましょう。
f0234596_09592486.jpg

昨日描きあがったのがこのくらい。
なんとかなってはいますが。
もっと徹底的に描いて、立体感も、質感も欲しいところ。
クリアしなくてはならない課題がまだ、大量にあります。

そして、来年には全員合格してほしいものです。


# by seibi-seibi | 2018-08-01 10:22 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

人体デッサン

2018 夏期講習募集中
いまから美大入試を考えていて、でも絶対合格する気のあるキミ
夏から基礎をやって、美大入試を現役合格したいキミ
とにかくやる気のあるキミ




f0234596_14405782.jpg


夏期講習からは人物デッサンがはじまります。
油絵科では人物デッサン・油彩は必須です。
けれども、一学期には、自画像しか描いていない油絵科にとって、初めての人物デッサン。
今回はその一回目ですので、慣れることがまず第一です。

f0234596_11392819.jpg

人間のプロポーションは骨格で決まります。
基本的な比率は、人によって多少の差はあれど、基本的には一致します。むかしから、からだの比率について、さまざまな研究がなされてきました。デューラーの人体比率の研究などは有名ですが、ギリシア・ローマのむかしから、いやおそらく、ガンダーラで仏像彫刻が発生するとき、すでに人間のからだの、比率について、人々は考えてきたとおもいます。立像彫刻を彫るにしろ、胸像を制作するにしろ、比率の問題は常に考慮されていたはずです。とするならば、比率=プロポーションの探求は、絵画よりむしろ彫像の制作によって発展したと考えるのが妥当でしょう。
そのとき、鍵となるのが骨格であり、関節の動きです。関節以外の場所では曲げられない、この当然のことを、いかに理解して描くか、が最初の関門ではないでしょうか。そしてすべての骨の比率が決まっていて、そこにはいっていの規則があります。この規則性を理解するのも、人体デッサンの大きな要の一つでしょう。
f0234596_11393328.jpg

デューラーなどが、人体の研究を重ねた結果、人体骨格の比率の規則性がみいだされ、その秩序のなかに「理想の人体」「理想の比率」といったものを見出し、それが「美しさ」の基準になるといった考え方が起こってくるわけです。しかしそれは、古代においてすでに発見されていただろう、比率の再発見であったのかもしれません。黄金分割や、ピタゴラス定理のように、数式や幾何によって、世界の神秘を解き明かそうとする傾向は、古来から人の習癖であったようで、人体比率の理解と、美しさの問題もまた、その傍流であるのかもしれません。



# by seibi-seibi | 2018-07-28 15:48 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

パースを理解する

2018 夏期講習募集中
いまから美大入試を考えていて、でも絶対合格する気のあるキミ
夏から基礎をやって、美大入試を現役合格したいキミ
とにかくやる気のあるキミ


夏期講習一週目は、一学期に演習した基礎をもう一度確認していきます。
なにごとも、基本が肝心です。遠近法・垂直・水平 そういうことがきちんと理解できていないと、どんなにディティールを描きこんだとしても、浅薄な描写に感じられてしまうのです。遠近法は、それを理解していない場合、どこが間違っているのかを発見できないので、何かおかしいとはわかったとしても、どのようにしたらそれが「正しく」見えてくるのかがわからず、闇雲に直してしまい、結果として妙な絵になってしまいます。それはつまり、遠近法の扱いに慣れるということに尽きますから、なんども練習して、このあたりで正しいんだ、という感覚を掴むしかありません。
f0234596_09211175.jpg
その理解のため、かなり単純な形態を、観察して描いています。これは昔もいまも変わりません。遠近法は、それが直感的にわかる人と、そうでないひとがいます。立体に対する感覚には個人差があるのです。わかるひとは、何枚か描くと、見落としもなくなりますが、不得意な人は、いつまでも同じ間違いを起こしやすいようです。けれども、何十枚も描いていくうちに、次第に間違いも少なくなり、しぜんな絵が描けるようになります。
f0234596_09211244.jpg
これがわかってこないと、色をつけたりした場合、いよいよ分からなくなってしまうのです。油絵などはまったくそうで、どのように直していいのか悪戦苦闘してしまいます。後で困らないように、わかるまで繰り返し描き続けなくてはなりません。



# by seibi-seibi | 2018-07-27 09:28 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

2018 夏期講習開始しました

2018 夏期講習募集中
いまから美大入試を考えていて、でも絶対合格する気のあるキミ
夏から基礎をやって、美大入試を現役合格したいキミ
とにかくやる気のあるキミ


本日より夏期講習を開始しました。
今年の酷暑は異常ですので、熱中症対策等万全に取り組みたいと思います。

夏期講習では、一学期のまとめを行うとともに、二学期へ向けてのステップアップを目指して、応用力をつけられればと思います。どちらにしろ、この夏期講習での充実度がそのまま、「合格度」になります。毎日こなすのは大変ですが、ココを乗り切ることで、忍耐力を身につけるのも、目標です。自分で選択した美術の世界。自由度と発展性を秘めた業界ですが、専門職にもなりますし、自分がしっかりしていないと、ただのニートになる確率はかなり高い。本当の敵は自分の内にあるのです。面倒くさいことをやり遂げる、途中で諦めない。簡単に折れない。そういうことを身につけられる夏期講習であればと思います。


# by seibi-seibi | 2018-07-23 07:53 | 芸大 美大受験 | Comments(0)