<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フィンランドデザイン展に行く



9/9から10/22まで府中美術館で開催されている、フィンランドデザイン展に行ってきました。
最近人気が出てきて、その存在を知られるようになったフィンランドのデザイン。
「北欧」ということばとともに、知的で、けれどもどこか素朴な印象があり、そのぜんたいからある種の「暖かさ」を感じさせずにはおかないデザインに、人々は安らぎと癒しを感じているのかもしれません。
マリメッコの豊かで大胆な色使いや、マイヤ・イソラの自由でユーモアをたたえたデザインから、イッタラやアラビアに代表される陶器の洗練されながらも柔らかな造形に、「フィンランドらしさ」を仮託して見てしまう。そういう傾向があるようです。
それがフィンランドの持つ国民性や、地理的な条件から来るものなのかは、わかりません。ただ、第二次大戦後、ようやく豊かになりつつあった1950年代以降のヨーロッパからの影響を受容しながら、フィンランドらしく発展したということは言えると想います。
しかし、アルヴァ・アアルトのパイミオといった椅子を見れば、それがバウハウスの機能主義を基礎におく、きわめて合理的な思想の流れに拠っていることは、一目瞭然です。スタッキングできる、アルテック社の椅子など、バウハウスらしさが前面に押し出されています。フィンランドでも、ドイツの合理主義から影響を受けた、このようなデザイナーが輩出されています。けれどもやはりなにか、「フィンランドっぽく」見えてきます。
f0234596_15564386.jpg
それはたぶん、19世紀から続く、木工家具の製作技術や、それを支えていたであろう職人たちがたくさんいたからではないかとおもいます。デザインしたものを、最終的に作るのは、人です。人の手を経てしか、モノは生み出されません。そこに暖かさ、優しさがあったからこそ、あのような柔らかな造形が出来上がっていったのだろう、と感じました。

展覧会場にはアアルトの椅子や、エール・アーロニオのボールチェアが置かれていて、実際に座り心地を体験できます。また、ショップのマリメッコ関連の書籍の多くは、セイビ卒業生 島塚絵里さんの手になるものです。ぜひ手にとって見てください。

by seibi-seibi | 2017-09-28 15:57 | デザインするって? | Comments(0)

二学期開始

二学期になりました。
ここからが本当の実力輪引き出す大切な時期です。
f0234596_19170506.jpg

by seibi-seibi | 2017-09-05 19:17 | Comments(0)