<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

合格状況

ムサタマ 造形 女子美 どこを選択するのか。悩ましい一週間も過ぎ、ほとんどの生徒の進路が決まりました。
現時点で、補欠待ちの生徒は一名を残すのみです。

しかしまだ補欠待ちのみの生徒が数名おり、これはセイビとしては失敗です。
完全に合格して浪人生を一切出さない、というのが前提なのですから。

それでも、
油絵科は、現役4名すべてが、ムサビとタマビ、造形と女子美に合格。
結局ムサビ3名 タマビ1名という選択になるようです。
浪人生で女子美のみを単願した生徒も、女子美に合格しましたので、
油絵科の進学率は、絶対数で100%です。
これは毎年のことですが。

タマビ プロダクトは、現役2名が受験して、二人とも合格しました。
これも合格率で言うと100%というんでしょうか。
かなり大変なカリキュラムを、連日あきらめずにこなした結果かとおもいます。
この2名はムサビ 工デも合格していますが、最終的に第一志望の、プロダクトに進学します。

彫刻科は、現役受験生が一人のみ。たった一人の戦いとなりましたが、
東京造形大と、タマビの彫刻に合格しました。ムサビは補欠となりました。
この生徒も第一志望の、造形大に進学します。

ムサビの映像科は現役浪人合わせて2名でのま受験でしたが、1名合格、1名補欠待ちです。
それでも補欠待ちの生徒はタマビのメ芸に合格していて、こちらが第一志望だったので、
タマビに進学することに決定。
映像科を合格した生徒は、かなりの高得点だったと想います。

ムサビの基礎デは現役1名受験して1名合格しました。

タマビ情報、ムサビ空デ タマビテキ 等々についても、現役で合格していますので、
結果として、まったく進学できない、補欠にすらならない、という生徒はおりません。
あとは、現実問題として、補欠の繰上げがどこまでくるのか、でしょう。

今年も、一年間、良く頑張りました。
山あり谷あり、不安、涙、一切を乗り越えて、もうすぐハルになれば美大生です。

ここまでは、前哨戦です。すべてはこれからです。
受験のスキルも知識も、もう必要ないですから、
自分らしい、独自の考え方を持って、進んでください。



by seibi-seibi | 2017-02-27 09:54 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

私大 合格発表

ようやく、ムサ・タマの合格発表も終了しました。
まあでも、この待たされる一週間が途方もなく辛いのです。

現時点で、ほとんどの生徒が、合格。補欠待ちになってしまった生徒も少しいます。

ムサビなのか、タマビなのか、どちらも合格してしまった生徒の悩みは、これから始まります。
それは造形大や、女子美についてもおなじです。
どこに行ったら一番、自分のやりがいがあるのか、なにができるのか、を軸に、考えてみてください。




by seibi-seibi | 2017-02-21 14:01 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

ムサタマ発表待ち

この時期が一番つらいのは毎年のことですね。
一週間のモラトリアム。
不安と期待。それが交互に思い浮かぶ。
筆も進みませんし、多くの生徒は上の空。

しかしもう少しの辛抱です。
結果が出たら、そこからは現実に引き戻されます。
どこに入学すべきか。進路の最終決定が待っています。

あせらず、落ち着いて、待ちましょう。

by seibi-seibi | 2017-02-16 12:04 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

受験も折り返しです

美大受験も折り返しになりました。
もうすでに数校を受験してみて、どんな感じなのか、実技試験の雰囲気も把握できたかと思います。
実技試験は、慣れもかなり必要です。なんというか、やってみなくては分からないことがたくさんあります。
何校か受験していくうちに、緊張感とか、不安が消失していくということも。
これは、美大受験ならではの感触といえます。

セイビでは、受験校と志望を、あまり絞らずに、自分の志望であれば、
受験できるところはすべて、受けるよう指導しています。
一校だけを単願するのではなく、数校を併願する。
そうすることで、実技試験そのものに慣れてくるからです。
落ち着いて、実力を発揮するためにも、受験の回数は多いほうがいいと考えます。

試験ではなにが起きるか予想不可能です。
最初に受験した実技で、
何らかのケアレスミスとか、勘違いとかがあったとしても、
次回の実技試験では、問題なくできるはずです。

合格のためにも、多くの経験を積みながら、試験に挑んで欲しいと想います。



by seibi-seibi | 2017-02-07 15:00 | 芸大 美大受験 | Comments(0)