<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏期講習も佳境です


夏期講習も半ばになりました。
明日で、前期は終了となります。
そろそろ疲れもたまってきているはずですが
いまのところ全員元気に通えています。

f0234596_17274100.jpg

基礎コース、はじめての色彩分割演習です。
今回はサザエがモチーフ。
まずはデッサンして、白黒で明度差を理解し、
それをもとに、分割を行い、色彩で塗り分けます。
どの明度がどの色相と一致するのか、見極める課題です。
まあはじめてにしては、うまくいっています。

f0234596_17301048.jpg

油絵も、だんだんと上達してきています。
今回は油絵の前に一度、木炭デッサンで描いています。
デッサンで観察できているか、が、油絵では大切ですね。

明日は前期最終日。
来週はおやすみになり、8/10より後半がはじまります。
by seibi-seibi | 2015-07-31 17:33 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

夏期講習2週目

連日35度の酷暑が続くなか、夏期講習も二週目に入りました。
いまのところはまだ、体調を崩す者もなく、なんとか無事に進んでいます。
f0234596_1555461.jpg

基礎コースはただいま牛骨の静物デッサンです。
牛骨というのも、デッサンモチーフの「お約束」というか、
典型的なものでしたが、最近では入手困難になってきているとか。
美術教材として出回らなくなっているらしいのです。
石膏デッサンとともにしばしば描かれた牛骨。
これからはあまりお目にかかれなくなるのかも知れません。
石膏も最近ではあまり描かれなくなりました。
一昔前ならば、石膏と牛骨が描ければ、デッサンのほとんどをクリアしたような
気持になりましたが、いまでは違います。
年配の方からはよく、「石膏デッサンをしたい」という要望を聞きます。
デッサン上達には、なにをおいても石膏、という観念があるようです。
また、50-60代以上の方の多くは、学生時代に描いた
石膏デッサンの苦労を口に上らせます。
デッサンを学んだ時代によって、かなり違いがあるのです。
それは、時代によって、モチーフが変化してきたからでしょう。。
モチーフには優劣はありませんが、同時代によって共有される
モチーフというものがあるようです。
by seibi-seibi | 2015-07-27 16:10 | Comments(0)

2020 東京


東京オリンピックのエンブレムが発表になりましたね。
デザインは、タマビ統合デザイン学科教授の佐野研二郎氏。
f0234596_13515488.jpg

五輪のエンブレムは、アルファベットの「T」がモチーフ。「TOKYO(東京)、TEAM(チーム)、TOMORROW(明日)」の意味が込められている 朝日デジタルより。

オリンピックというと、1964年のコチラを思い出しますが
f0234596_13563694.jpg

64年がそうであったように、2020年もまた、デザイナーの総力を結集した、秀逸なデザインが街にあふれるのでしょうか。亀倉雄策氏による東京オリンピックのポスターが、街中に飾られたとき、それがどれほど輝いていたことか。
新しい時代の幕開け。そういう感慨を新たにする、人々の記憶に残るデザインの登場を期待します。
by seibi-seibi | 2015-07-25 14:01 | デザインするって? | Comments(0)

2015 夏期講習

夏期講習4日目。
一日6時間の実技、夜2時間の学科。9-7時での毎日にも慣れてきたとおもいます。
やはり、一日6時間集中して描くと、上達度が違ってきますね。
確実にアップしていくのがわかります。
とくに一日3時間しか出来なかった現役生では顕著です。

また、今週からはじめての人もいる基礎コースでも、
努力がカタチとなって見えてきます。
やっぱり夏は伸び時です!
夏ばてせずに頑張ってやりぬきましょう。

f0234596_15532993.jpg


いつもおもうことですが、受験までデッサンをどれだけ頑張ったか、
やりきったか、デッサン力を決定してしまうのです。
大学に入ってから、仕事を始めてから、デッサンを磨きなおすのは
時間も足りず、かなりむつかしいのです。
受験ではありますが、時間に余裕のあるいまこそ、
集中してデッサンをしてほしいとおもいます。
by seibi-seibi | 2015-07-23 15:58 | Comments(0)

2015 タマビ 説明会

去る7/18-19、タマビの説明会を見てまいりました。
去年から建築中だった建物も足場を取られてその姿を現し
いよいよ昔の建物は少なくなっていました。
タマビの卒業生でも道に迷うほどの変貌ぶりです。


各学科の説明も盛況で、愉しく拝見させていただきました。
環境デザイン学科の屋外展示、竹で編んだ構造物。
美大でこんなこともするのか、という発見になったとおもいます。
合格作品など受験生にはリアルな展示も、いつもどおりでした。

次回は8/15のムサビの説明会に行きます。
受験生は足を運んでください。
大学のフンイキを肌で感じる機会ですので。







by seibi-seibi | 2015-07-20 15:01 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

2015年 夏期講習 開始!

先日関東梅雨明け宣言も出まして、本日は青い空と痛いほどの陽が輝いています。
さて、今日7/20より、夏期講習がはじまりました。
f0234596_09213308.jpg
まだ、休んでいる生徒もいますが、ここから2週間の前期を、酷暑に打ち勝ってかん゛ばりましょう。
夏期講習は9-4時。現役受験生にとっては、はじめて早朝からの実技となります。一日6時間というのも、現役生には長く感じられるかもしれません。それも最初のうちだけで、夏期講習が終わる頃には、むしろ短く感じられることでしょう。集中力もアップしてきて、完成度も上げられるようになります。
とくに、実際の試験開始時間・朝10時に集中して描くことにより、午前中の進め方が会得できる、絶好の機会なのです。
夏休みが終わる頃には、ひとつ成長した自分を発見できることでしょう。



by seibi-seibi | 2015-07-20 09:41 | Comments(0)

一般クラス 点描で描く

夜間受験コースはコチラ
受験準備コースはコチラ
小学生コースキャンペーンはコチラ
一般コースキャンペーンはコチラ
夏期講習会はコチラ

一般コース 主婦の方の作品です。
イノシシの骨を、ペンで点描で描いています。
f0234596_8593538.jpg

今までも木炭や、鉛筆などの描材で毎週1回3時間、主にデッサンを描かれています。

細部への思い入れがとても強い生徒さんで、色々と模索しながらも、いつも一生懸命に制作されています。
今回は、思い切って点描で描こう、とご自分の意志で描材をえらびました。

f0234596_9125148.jpg

とても細かく、ペン一本で一発で決める作業なので、かなりの集中力と根気がいると思います。でもこの生徒さんは、かえってこのような制作の仕方の方が気が楽なのだそうです。

絵は枚数をこなしていると、生徒さんそれぞれの表現の仕方が、ふとしたきっかけで出てきます。そうした表現は、経験や、生い立ちに自然と直結していくのだなと改めて感じさせられました。

そしてなによりも、いつでもあきらめずに、夢中になれるものが見つけられることがすばらしいと思います。

次は、黒い紙に白い点描でやってみようと考えているそうです。
by seibi-seibi | 2015-07-11 09:46 | 一般絵画コース | Comments(0)

一学期最終週になりました

セイビ40thキャンペーン実施中
夜間受験コースはコチラ
受験準備コースはコチラ
小学生コースキャンペーンはコチラ
一般クラスキャンペーンはコチラ

セイビの一学期は、7/11までです。
14週間続いた一学期で、受験科の生徒は、基本的な事項を終えています。
7/20からはじまる、夏期講習では、一学期に学習した内容をベースにして、
もう一歩踏み込んだ表現へとつなげていきます。

夏期講習では、一日6時間をかけられるので、一日ないし二日をかけて、
密度の高い作品づくりを行っていきます。

また、英語についても、一学期で文法事項を終えた段階から、
長文読解への応用と、演習課題の特訓を行います。
国語は、論文の書き方を中心にした授業を行います。

最後の週をのりきり、夏期講習にむかいましょう。

by seibi-seibi | 2015-07-06 12:47 | 芸大 美大受験 | Comments(0)