<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

美大受験について3

専攻する学科によって、就職に差があるのか

この質問も、よく寄せられます。
具体的事例としては、
油絵科などの、いわゆるファイン系の学科だと就職は少なく、デザイン系だと多いのか。
この疑問ももっとかもしれません。

これについては、
「一概に学科や専攻により、就職時の優劣があるとは考えられない」と思っています。
確かに、油絵科など、本来画家になるための学科は、アート系の志向が強く、学生もその中で切磋琢磨していくので、就職よりはアーティストになろうとする人もいます。しかし、全員がそうではないのです。油絵や日本画などで培った描く能力を活かして、イラストレーターやデザイナーになっていく人もいます。映像・映画製作に進む人もいます。ファイン系の学科は、四年間、自分の好きな事を追求していくのですから、それが結実すれば、自然と就職先が見つかる、そういった学科であると考えています。

ではデザイン科は就職に有利なのか。これも一概に有利だとは言い切れないと、考えます。
基本的にデザイン科は、デザイナーになる為の学科なので、就職する・社会参加する、という前提があろうと思います。ですから、就職するしないにかかわらず、社会において何らかの活動をしていくよう考えられていると思います。
けれども、すべての学生が就職を目指すかといえば、そうではないでしょう。好きな事が変わってきて、デザインよりもアート・ファイン系の活動を始める人もいます。その活動が就職には直結しない場合もありうるわけです。

このようにかんがえてみますと、就職に有利か不利か(そういうことがあるとしてですが)で、学科や専攻を選ぶより、まず何がしたくて、それがどこの学科で実現できるかで選択したほうがいいと考えます。
好きな事ならば、自分からそれを深めて、ひとつの形にしていくことができるでしょう。その結果として、それぞれにあった就職先なり仕事なりが見つかるはずだと、考えています。
by seibi-seibi | 2014-05-28 21:10 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

美大受験について2

美大入試についての疑問・質問について考える、今回は2回目です。

「偏差値」と美大入試について

高校での学力テストのひとつに、偏差値テストが導入されて数十年。大学入試を偏差値で推し量る考え方がひろく受け入れられています。
「偏差値が高ければ難しく、逆に低ければ容易である」偏差値は入試の難易度を示すスケールとして用いられ、同時に大学の「ランキング」ともなっています。
「各美大・各学科の偏差値はどのくらいですか」
「どちらが難しい・簡単に合格できますか」
「偏差値の高い美大は『良い』美大ですか」
このような質問も、偏差値重視の入試体制の中では、当然出てくる質問でしょう。

これについては、
1 偏差値をあまり過大に気にする必要はない。と考えます。
特に、一般的な大学の尺度に照らし合わせて、偏差値を気にしたり、難易度を推し量る必要はない。実技と学科による総合判定である美大入試において、偏差値だけで測れない部分が多すぎるからです。
2 つぎに、各大学・各学科間の偏差値の優劣はあるのかもしれませんが、それが「合格の難易度」には直結しません。というのは、各大学の、各学科の課す実技試験問題ごとに、特徴や傾向が異なっているからです。
具体的に言うならば、多摩美グラフと武蔵美視デでは、デッサンも平面も出題の特徴が異なっています。「どちらかは自分にとって得意な出題で、もう一方は不得意な出題だ」ということがよくおこります。偏差値の「高」「低」ではなくて、自分が得意なのか、なのです。
3 最後に偏差値難易度=大学の優劣なのかについては、まったく違う、と考えます。
要は、選択した専攻・学科で行うことが、自分のやりたいことと一致しているのかですから。もし一致していなくとも、思っていたような方向・分野か、が大切であろうと考えます。
たしかに難易度の高い、いわゆる難しい美大への志望と意欲は、とても歓迎すべきモティベーションです。ただ、それだけでは推し量れないのが、偏差値の枠外にはみ出す魅力のあるのが、美大であろうと信じたいし、美術・芸術を実践していくことなのではないでしょうか。

by seibi-seibi | 2014-05-27 15:17 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

美大受験について1

この時期になりますと、志望校、志望学科の決定のため、面談を行います。
そのなかで、いろいろな質問が投げかけられます。
美大についてのそれらの質問は「当然だろうな」思われるものもありますし、誤解もあるようです。
ここで、そんな質疑から思うことを書いておきます。

「どの美大が良いのか。」

これはまず皆さんからもっとも良くいただく質問です。
結論からいえば「美大の優劣は、ない」と考えます。
あるとすれば、その学科・専攻・コースに自分が合っているのか、であって、どの美大か、ではないと考えています。
「大学入試」という言葉が示すとおり、入試は「大学」に焦点が絞られているようです。そのためどうしても、「ナニナニ大学」を受ける、というマインドができあがってきます。このとき同時に、専攻や学科について考慮していれば良いのですが、専攻や学科については、あいまいな理解のままの受験生が多いようです。
美大の場合、入学後、学科別にカリキュラムがあり、各学科の行う内容はかなり異なります。一般的な大学でいう、「一般教養」科目、座学の科目が少なく、一年生から、専門別な内容を、アトリエでの製作と実習でまなびますので、自分のやりたいことと専攻や学科適合していないと、かなり苦労してしまいます。
美大受験に当たって、まずは自分がなにをしたいのか、作り、描きたいのか、良く考えて、専攻と学科の選択をおこなうようにしてほしいものです。そしてその選択した専攻・学科を各美大で受験する、と考えたほうがよいかと思います。
このためにも、オープンキャンパスには自分で行くこと。案内は自分で読み、考えることをお勧めします。


by seibi-seibi | 2014-05-26 14:48 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

本の装丁 カバーをデザインする

美大受験生たちは、ただ今、本のカバーをデザインしています。
市販されている昆虫の本を参考に「自分ならこうする」ということで各自のアイデアで制作しています。

表紙、背、袖、全部含めて制作しているので、90センチ角くらいの板に用紙を水張りしての制作です。
大きい画面なので、気合が入りますね。

f0234596_18452915.jpg

by seibi-seibi | 2014-05-14 18:47 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

美大を知ろう・現場を知ろう

f0234596_12050926.jpg
5/9日、恒例の「現場を知ろう・美大を知ろう」が、行われました。
今年は、セイビ卒業生である、東京芸大大学院 映像研究科に籍を置くT君と、グラフィックデザイナーとして活躍中のK君に、いま取り組んでいる作品や仕事について、話していただきました。
T君には、東京芸大での授業内容や、映像制作について、具体的作品を上映してもらい説明してもらいました。メディア映像専攻である彼の作る作品は、光源を反射させ、空間全体を包むものや、ミュージックビデオ・プロモーションビデオなど多岐にわたります。大学でこんなこともするし、やれる、ということが伝わってきました。

f0234596_12183058.jpg
グラフィックデザイナーのK君には、ポスターやパッケージデザインなどが、どのように作られていくのか、現場の立場から話していただきました。デザインの仕事は一人でだけできるものではなく、様々な方たちの協力と連携によって仕上がること、また広告の世界がどのように仕事しているのか、説明してもらいました。現場のリアルな苦労話も聞けて、良かったのではないかと思います。
受験生たちにとっては、はじめて聞く話も多く、興味深かったろうとおもいます。特に美大に合格後どんな授業に出て、卒業してからどのような現場で活躍できるのか、具体的に見えたのではないかとおもいます。


by seibi-seibi | 2014-05-10 13:16 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

途中入学からでも初歩から指導しています。

電話やメールでのお問い合わせの中で、よく尋ねられることは、
年度の途中や学期の途中からでも初歩から指導していただけますか?
というご質問が多いです。

セイビでは、途中入学しても丁寧に初歩から指導いたします。
心配せずお問い合わせください。鉛筆や木炭の使い方から指導します。

受験生、中学高校生、小学生、一般の方、大学生の方、趣味で楽しみたい方、漫画家の方、仕事に活かしたい方。色々な目的の生徒さんがいらしています。曜日時間等もご相談下さい。

一人一人の目標に合わせて、丁寧に指導しております。お気軽にお問い合わせ下さい。
by seibi-seibi | 2014-05-07 23:17 | デッサン油絵クラス無料体験 | Comments(0)

SEIBI アトリエの様子

f0234596_17394034.jpg


SEIBIは暦どおり ゴールデンウィーク中も頑張っております!
by seibi-seibi | 2014-05-01 17:43 | 芸大 美大受験 | Comments(0)