<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2013年度 新学期説明会開催します

来たる3/30 土曜日5時より
2013年度 新学期全体説明会を開催します。

新年度からの募集内容と美大受験についての説明を行います。

新年度から受講を考えている方、また保護者の方、ぜひいらしてください。

時間は1時間程度を予定しています。

また、説明は随時行っていますので、電話にてご連絡ください。
03-3484-8367まで
by seibi-seibi | 2013-03-27 11:19 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

春期講習の様子

f0234596_11212980.jpg

春期講習の恒例、模刻の初日になりました。
「なんで絵を描くのに粘土なの」という疑問が浮かぶ生徒も多いのですが、
立体的に対象を把握することは、そのままデッサンの量感把握につながる、
重要な契機となるのです。
対象の裏側まで立体的に作りあげてみれば、その対象の構造や動き、規則性などが、把握できる。
それはデッサンでの構造把握とも密接につながっているのです。

春期はほとんどの生徒が初心者なので、粘土を練るので一苦労。
それから支持体作りに取り組まなくてはなりません。
一つのものを作るのは、そう簡単ではないのです。
ひとつひとつ作り上げていくなかで、対象を総合的に理解してもらえたらと思います。
by seibi-seibi | 2013-03-26 11:22 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

2013年度春期講習開催中

本日より2013年度春期講習開始しました。
去年に引き続き、全員合格していますので、浪人生はおりません。
まあ毎年、受験も多様化し、少子化もありで、現役での合格は当たり前でしょうか。
いまからでも、美大受験したい人、デッサンの基本を知りたい人は参加してください。
途中参加の場合の、研究費割引あります。
by seibi-seibi | 2013-03-25 10:00 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

蛭子未央展開催のお知らせ

ギャラリー ART-ACTからお知らせです。

YELLOW STONE 蛭子未央展 開催します
期日
3/18-3/23 12時~6時くらい

セイビ卒業生の蛭子未央による平面作品の展示です。
奈良美智:青い森の ちいさな ちいさな おうち 関連企画青い森のちいさな美術部 による 展覧会にも参加していた、蛭子未央によるドローイング展となります。

蛭子さんは、ムサビ油絵科(丸山クラス)卒の若手アーティストです。
自由奔放に引きだされる、ドローイングの数々をご覧ください。
by seibi-seibi | 2013-03-16 13:51 | 油絵コース | Comments(0)

3/20は無料体験!

来る3/20 9-4時で春期前の無料体験行います。
参加者は、春期講習5%引き!

この機会をご利用ください。

用具はセイビで用意しますのでどしどしおいでください。

受付は電話 03-3484-8367(12時から6時くらいまで)
メール seibi@jg8.so-net.ne.jp
まで。よろしくお願いいたします。
by seibi-seibi | 2013-03-12 18:20 | デッサン油絵クラス無料体験 | Comments(0)

セイビ卒業展示

ようやく三学期も終了し、ほとんどの生徒が美大進学を決め、しばらくぶりにうららかな日差しの下、今年度セイビ卒業生有志による展示を、3/16 夜6時まで開催しています。
どうぞご高覧ください。
f0234596_1373841.jpg

今年の受験生、推薦受験も一般受験も、合格の春を迎えて、一段落したところでしょうか。
毎年のことですが、推薦受験は、女子美・日芸をはじめ、東海大・工芸大・理科大などなど、さまざまな学部・学科に及びました。全員合格は去年と一緒ではありますが、一番苦労したのは受験生ひとりひとりであったろうと思います。推薦合格の場合、合格後に大学から課される「課題」が案外多くて、2月まで描き続けていた人がくすなくなかったようです。
一般受験は、90%まで、ムサビかタマビに合格。女子美は全員合格。どちらかを選んで行くことになろうと思います。まだ補欠でまっている者もいるので、手放しで安直には喜べないのが偽らざる気持ちです。浪人なんか確定して、うれしい人はいないのです。浪人して、合格までこぎつけた人は、そのときになって初めて、「浪人してよかった」と言えますが、最初からそう思える人は少ないのです。
講師としても、全員合格、それも第一志望どおりにならば喜びもひとしおなんでしょうが、例年完璧というのはありません。グラフのはずが情報とかそういう場合が多い。ですから、この時期、複雑な心境です。ともあれ、あとちょい、タマビに繰り上がれば、ムサタマ合格100%とはなります。どこに行くにしろ、『差』などないので、おのおの合格した学科でがんばれば良いと思います。
f0234596_1381849.jpg
f0234596_1384111.jpg

毎年この時期に言っていますが、大学に合格したのは、門をくぐったに過ぎません。すべてはこれからなのです。良き友に出逢う。尊敬できる先生を見出す。そしてなによりみずからの適性を開花させること、それがなくては、ビダイ受験はただのお飾りに堕してしまう。予備校でできるのは、そのための最低限の準備程度のこと。講師は「本当に大切なこと」を伝えられたのか、ただの受験メソッドになってしまっていないか、期待と同時に怖れを抱きながら、生徒たちたちを大学に送り出します。どうか進学した先で、すばらしいことと出逢えるように、祈っています。
by seibi-seibi | 2013-03-11 13:09 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

五美大展 次年度受験生へ

五美大展にいってきました。女子美、多摩美、ムサビ、造形、日芸。
次年度受験生、ぜひ行って来てください。

自分でよく考え、まっすぐに制作した作品は、
観客の気持ちに触れて、作品の中に自然と引き込むことができる。
美術作品とは不思議なものだなと再確認できる展示でした。

もちろんそういった作品ばかりではありません。自意識ばかりが目立つ作品もありました。
でもそれも作家本人の成長の過程の一つ。

失敗を含めた色々な体験が経験となって段々と出来上がっていく。
実感がなくてはいいものができる訳がありません。ごまかしは効きません。

自分を磨く為に必要だと思うものを掴むには、失敗を恐れず自分から行動しなくては。そうして得た体験は、経験として根強く感覚にインプットされます。

その体験の内容は一見地味でかっこ良くないなものだったりすることが多いです。思っていたほど楽ではないのです。だから、先が見えなくて、つらいときもあります。
でもその時の経験が、応用力につながります。他者の気持ちを理解し、引きつける力につながります。これができると制作が、仕事がどんどんおもしろくなるのです。
自分で壁を越えたものほどおもしろいものはありません。

ですから来年度、芸大美大受験を目指す受験生には、これから一年間、新しい体験をとおして自分を磨いて自立していってほしいです。
目的を達成するために、食わず嫌いにならず積極的に吸収していきましょう。それが本当の「楽しさ」につながります。

不安になったらまず行動です。甘くはありません。
by seibi-seibi | 2013-03-02 00:43 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

補欠繰上げ

ムサビ・タマビとも、補欠が回り始めましたね。
セイビでも補欠者が、繰り上がってきています。
あと数名で、全員合格となるのですが・・・。
この、待たされるのは、つらいですね。
皆さんも、もう少し我慢強く待ちましょう。
by seibi-seibi | 2013-03-01 15:28 | 芸大 美大受験 | Comments(0)