<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

明暗の差を発見し、描く

セイビの近所で以前撮った椿を白黒写真にしています。
葉は深い緑。花びらは白。当然白黒に置き換えれば、このように強い明暗の差がつきます。
実際、日常生活で通常の見方ではこの「明暗の差」について気に留めないかもしれません。
f0234596_236234.jpg



日常では、色彩を頼りに生活しています。色彩によって暖かさ、冷たさ、賑やかさ、静けさ、注意喚起など色彩がなければ人の生活は成り立たないと言っても良いでしょう。それほど色には敏感であり、逆に頼りすぎているのかもしれません。
その為に、目の前の世界の「明るさと暗さの差」を見落としがちになります。この「明暗の差」とはなんでしょうか?

光があるから見える。これ当たり前のこと。なぜ見える?ただ明るいから?

でも光を直視するとまぶしいし、真っ白で形すらわからなくなります。明るいからという理由だけではなさそうです。
明るい部分に対して暗い部分も人の目は感知しているから、立体物が「見える」のだと思います。

(もしも人の目が色のみを感知するならば、世界は色のつぎはぎ。立体感や空間を感じることはできるのでしょうか??このことはまたの機会によく考えてみましょう)


サイコロに、向かって右上から光をあてると左側の面は暗がりになります。光がサイコロそのものに遮られて、光の反対側は暗くなります。影も落ちます。いわゆる陰影というやつです。
f0234596_0412126.jpg


生活する上で程よい明るさであると、このように明るい部分とこの陰影を感知して目の前に物が「ある」と気づくわけです。
だから、10m離れた友人の顔も分かるし、自動車が接近して来た!と危険を察知することもできます。
光と影、明と暗によって物と自分との距離やその物自体の大きさを感じることができる。空間を把握することができるのです。


私たちは、日常の見方ではあまり気づかないこの当たり前のことを再発見しながらデッサンしていきます。

再発見する為の見方のうちの一つとして、目を細めて観る。ピントをずらして観る。という方法があります。以前にもレンブラントの回で紹介しています。
目を細めるとぼやけて見えます。細部の情報が排除され、物の明暗の差がはっきりし、立体が段々と浮き上がって見えます。より立体的に。

細かい情報に頼っている目の能力を少し落として世界を見渡すと、親しい友人も人体という立体として見えてきます。
顔の表情や服装などで判断していたその印象が、意外と骨格ががっちりしていることに気づいたりします。

つまり、明暗の差をしっかりつかんで描くことで、物の本来の姿とその存在をよりはっきりと見せることができるのです。

この場合、物を観た時の最初の明るさ暗さの印象を大切にすること。そして常に明部と暗部を比べて観ることが大切です。
また、明暗の差を実際感じるよりも激しく表現し描くことによって,コントラストのはっきりとした明快な絵にもなります。

人は、知らずと明るさ暗さを瞬時に比べてその差を感知し、物を見ています。
描く側は、その瞬時に見ることを時間をかけて丹念に観察し、本来の姿をあばきながら描いていきます。
by seibi-seibi | 2012-05-18 00:57 | デッサン | Comments(0)

細密デッサンその1

よく観てそのままを描く。そのままの気持ちで描く。
この姿勢と集中力が、描くことの中でなによりも大切です。
この姿勢がなければいくら技術を習得しても実力にはなりません。

実力を得る為には、ごまかさず、まっすぐ対象を観てそのまま描く力をつけ、観る目を養っていくことです。
ものづくりのセンスはこうして磨かれていきます。


今年度初めての細密デッサン。皆それぞれ発見があったようです。よく頑張ったと思います。
断面の形の面白さ、螺旋を描く形。ゴツゴツ感の正体は?パプリカの中身、このつぶつぶは?
日常でこんなに一つの物に接近して長時間観ることがあるだろうか? 
不思議な体験、のちに貴重な経験。
f0234596_23201923.jpg

高3生 デザイン工芸コース→パプリカ半切  油絵コース→サザエ
by seibi-seibi | 2012-05-16 23:34 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

最近の作品

基礎コース、一般コースの生徒さんも頑張っています。


f0234596_004885.jpg

     静物油彩製作中 Mさん






f0234596_01125.jpg

     F100号製作中 Eさん



f0234596_011697.jpg

        F30号油彩 製作中 Kさん




f0234596_0295635.jpg



f0234596_013259.jpg

     Sさん 高2生




f0234596_031088.jpg

        小学生クラス





各コース(一般、基礎、受験、小学生)随時無料体験を実施しております。
成城美術研究所までお気軽にお問い合わせ下さい。
by seibi-seibi | 2012-05-16 00:10 | デッサン油絵クラス無料体験 | Comments(0)

美大芸大受験生 初の作品制作

受験デザインコース、油絵コースは、4月のデッサン基礎演習を経て今回はそれぞれの考えで作品制作をしてもらっています。
まず自分の興味のあるモノコトについて資料収集してきてもらうところからスタートし、その後それらのことについて皆の前で発表。
そして、興味のあるモノコトを各自整理した上でテーマを一つ決めて、作品を制作です。
制作に入る前には、どんな作品テーマにして何を伝えたいか?を簡単なスケッチをもとにディスカッション。
「好き!」から「伝えたい」そして伝える為にどのように表現するか?これです。
将来伝える立場となる者同士で何を考え感じているか?お互いに知ることができて刺激になったのではないかと思います。
ものづくりは、そもそもたった一人でできるものではないですし、見てくれる人や使ってくれる人がいて初めて成立するものですから、他者が何を考えて何を感じているか?人の気持ちを察知する力が制作者にも当然必要になります。もてなし、演出、思いやりといったことにつながるのでしょう。
何も美術の分野だけではありません。社会で生活し、貢献する為に仕事をしていくと自然と身に付いていくものだと思います。
f0234596_2346998.jpg



今回は、まず生徒たちが考えていることをそれぞれ主張できた。これがとても良かったですね。

さあここからが更に醍醐味です。好き!という気持ち、あこがれる気持ち、興味津々の気持ちを原点にしてその気持ちを他者に喚起させる側、伝える側に立つ。そのアイデアや演出の仕方を考えるのです。
ただただ一方的にに愛情を注ぎ込んむのではなく、どうしたら喜んでもらえるか?感動してもらえるか?笑ってもらえるか?楽しんでもらえるか?と演出やしかけを計画していきます。一歩後ろに下がって客観的に物事を考え、人の気持ちを想像する。
デザインコースと油絵コースでは、入り方に少々違いがありますが「人の気持ちを考える」という点では同じですね。
f0234596_23455166.jpg


今年度のセイビはなんと浪人生がいません。去年度全員合格したからです。
当然みんな高校3年生。美大受験の経験はもちろん初めてだし、お手本となる先輩もいません。皆で一から学んでいきます。
ですから、それぞれが根気よく一つ一つ学ぶ姿勢であれば、お互い刺激し合い目標を達成できると思います。
自分たちで考え、掴める。
こういった環境を作ることができるのがセイビの特徴だと思います。
こんな環境で学びたい、受験したい浪人生ももちろん大歓迎です。
by seibi-seibi | 2012-05-14 02:30 | 芸大 美大受験 | Comments(0)