<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

9/3までの事務手続き時間

8/29より9/3までセイビはお休みです
この期間中は事務手続き・見学・相談は行っています。
時間は12時より6時まで
もし、いらっしゃる方は03-3484-8367までご連絡いただくと確実です。
アトリエを空けていることもありますので。
by seibi-seibi | 2011-08-29 12:15 | Comments(0)

夏期講習もあと二日

長いようで短い4週間。夏期講習も残すところあと二日です。
いまみんな、最後の課題に取り組んでいます。
明日は4時過ぎから打上げです。
もし卒業生で来たい人は、押しかけてみてください。
なんか飲めるか・呑めるか・食えます。(Y)
by seibi-seibi | 2011-08-26 15:44 | Comments(0)

2011ムサビ説明会に行く

f0234596_19325664.jpg

小雨交じりで肌寒い日曜、ムサビ説明会に行きました。
今年は震災の「節電」のせいなのか、12号館地下会場は、少し暗くなっていました。
参考作品はいつもどおりな感じで、ずらっと並んでいました。
デッサンをちょっと触るとなんだかツルツルしています。
近くにいた、セイビ出身の院生に聞いてみると、コーティングしたとのこと。
「コピーじゃないです。ホンモノです」との答えが返ってきました。
しかしちょっと違和感が残りました。
セイビの生徒たちにもあちこちで会いましたが、
みんな、よく見て聞いてきてくれたことと思います。
大学を見て、先生と話して、それからかんがえる。進路決定の基本ですね。
f0234596_19253255.jpg

こちらはムサビの食堂の食品サンプル。
「MAUランチ 400円」です。大盛りご飯は50円増し。
f0234596_19292733.jpg

大学に入ったら、毎日お世話になるのが食堂です。
友達と待ち合わせしたり、偶然会ったり。
なにより空腹を満たさなくては、大学生活もできません。
食堂の味がいかなるものか、大学見学のときは、一度は食べてみましょう。
ちなみに私は「ビーフシチュー」にしました。
あと、階段の近くの自販機にある「不二家 ミックスネクター」をお土産に買いました。
こんなのが自販機にあるのはムサビだけです。
入学したら4年間お世話になるのですから、味は試しておきましょう。(Y)
by seibi-seibi | 2011-08-22 19:33 | Comments(0)

アイデアを形にすることって?

デザイン受験科は「アイデアをいろいろを考えてみる」という演習から、実践課題へと進んでいます。
moveをテーマに平面構成、立体構成に挑みました。
みんな、アイデアについては素直で、ストレートで個々に良かった、
というのが第一印象です。 
そう、そのアイデアを形にするのがこれからのデザイン課題の醍醐味なのです。

そこで、アイデアを形にするということついて考えてみました。

・アイデアを出すときは、とにかく素直な気持ちでいいんです!
 これ!と思ったら素の自分を信じて潔く実行に移ろう。

・アイデアを考えるとき、自分からにじみ出るのをただひたすら待つのではく、日常に向か 
 って探しにいこう。


・他者と共有すること、あるいは使ってもらうこと、見てもらうことによってそのデザインが 本当にいいデザインだったのかが初めてわかる。
 まあとにかく、いいアイデアが出たと思ったら誰かに見せちゃおう。これ大事。

・つまり、コミュニケーションなくしては、いいデザインなど生まれない。
 そもそもデザインは日常とその環境の中から生まれ、そしてその環境の中で生かされるわ  けだから、これは当然のこと。


・時として、アイデアの提案や、提示する相手とのコミュニケーションが理想的に進まないこ ともある。けれど、こういった想定外のハプニングの中でも「しめた、見つけるぞ!」と感 じられるとデザインの仕事は、一層面白くなる。
 
・そして、周りの環境と作り手は対等であることを基本にしてアイデアを考え始めると、その 面白さ倍増。まあ、独りで悩みすぎず、外に向かって問題を投げかけてみよう。問題を難し くしているのは、意外と自分だったりする。



とにかくアイデアを形にするのがデザインの醍醐味だけど、そのアイデアを独り立ちさせるためには、大切に囲まうのではなく、外気にふれさせよう。そうすることによって洗練されたデザインが生み出されるのだということを念頭において制作しよう。

外気が、余分なものを容赦なく削り落としてくれる。観客の目は鋭い、謙虚に受け入れよう。

常に、扉を大きく開き、風通しをよくしておこう!


明日8月20日は、武蔵野美術大学の説明会。各自しっかり目的を持って行って来てください。
by seibi-seibi | 2011-08-20 23:22 | デザインするって? | Comments(0)

2011 9月からの小学生教室開講についてのお知らせ

セイビからのおしらせ

小学生対象の絵画・造形教室を、2011年9月10日土曜日より開講します。

新規開講に先立ち、8/27土曜日10時より小学生対象の無料体験を行います。

日  時 8月27日 土曜日
時  間 午前10時から11時30分まで(90分)

対  象 小学1年生から6年生

内  容 楽しみながら絵を描く

講  師 伊良原満美 東京藝術大学 工芸科卒

小学生で、絵を描きたい方、興味のある方は、どうぞこの機会に無料体験をご利用ください。

9月以降の小学生授業の期日など

日  時 9月10日 土曜日より開講(予定)
時  間 午前10時から11時30分まで(90分)

対  象 小学1年生から6年生

内  容 1 楽しく描きながら、観察力を高める。じっくりと取り組む集中力をやしなう。
     2 立体造形 粘土などに触れ、造形思考の発達をうながす。

研究費  入会金10.000円 月謝 4回分 6.000円
by seibi-seibi | 2011-08-20 12:13 | Comments(0)

タッチ・オペレーションと情報の未来

最近はi-phoneなど、新時代の情報端末が開発されてきて、ケイタイの世界も様変わりしてきていますね。ひとむかし前の固定電話では考えられない、さまざまな機能を持ち、モバイル情報コンプレックスとでも呼びたくなるような変貌ぶりです。
f0234596_14495786.jpg
その変化の中でも、とくに興味深いのは、情報を引き出す方法が変化してきていることでしょう。指でページをめくる・指先でつまみあげる・あるいは拡げる。ひとが昔から行ってきた動作が、最新端末を操作するのに活かされているのをみると、人と情報端末・あるいは情報との関係が、過去から未来へと変化しながらも連綿と続いていくのを感じさせられます。
ひとむかし前、「電話をかける」といえば、「ダイアルを回す」ことでした。ヒッチコックの「ダイアルMをまわせ」などという題は、当時の電話を想起できなくなれば、なんのことかわからなくなっしまうのでしょう。それがプッシュ式となり、携帯となり、いま、タッチオペレーションとなりつつある。この変化の基本的な方向性は、便利であること・もちいやすいこと、であるので、現在のような操作方法に行き着いたのは当然なのでしょう。だれでもやったことのある指の動かし方、それを操作に取り入れたならば、誰でも使いやすくなる。今までどおりの指使いで操作できるわけですから・・。

これはまた、人と情報(メディア)の関係を、どのように捉え発展させていくのかにかかわる問題です。情報端末の発達を人間の身体的所作に添うかたちで創りだすことは、それだけ人と情報との距離を縮めることにほかなりません。それはまた情報とひとが、どのようにつきあっていくのか、どのように関連づけられていくのか、も規定することとなります。できればそれが、緩やかでかつ、緊密なものであるのが望ましいのは、言うまでもないのでしょう。
ここで書いてきたことは、おそらく「情報デザイン」学科で扱う問題でもあろうとおもいます。ひごろ持ち歩いている「スマートフォン」の操作の中に、情報をデザインするひとつの回答が隠されているのです。(Y)
by seibi-seibi | 2011-08-16 14:38 | Comments(0)

和田誠展にいく

アスファルトも融けてしまいそうな暑い日、
「和田誠展」に行ってきました。やっているのは「世田谷文学館」という、ちょっとローカルな文学館です(失礼)
f0234596_1428313.jpg

和田誠の名は、まず第一にイラストレーターとして知られているかと思います。
タマビのグラフの卒業生である氏は、おもに書物の装丁やカットなどの仕事で、いまや知らぬ人はないと思います。今回の展示では、その長いキャリアのほとんどに及ぶ作品群の、原画やレイアウト制作時の版下など、興味深い作品がならびました。また、映画にも造詣の深い氏の監督になる映画作品と、その制作の裏側を垣間見せるような、資料も並びました。
f0234596_1432215.jpg

 わたしのような、元映画小僧としましては、和田誠の名を聞くと、彼の映画俳優の似顔絵や、そしてなにより、面白いシーンの数々をピックアップした映画の紹介文を思い出します。映画を現在のように気軽にレンタルしたり有線で観たりできなかった時代。まだ観たことのない映画についての情報のおおくを、和田誠の本、たとえば「お楽しみはこれからだ」などから得ていたのでした。そのすべての著作から感じられる、映画に対する愛がにじみでる文章とともに、そこに描かれたイラストが、いまだ観ぬ映画についての想像力をどれほど膨らませてくれたものでしょう。和田誠のイラストから感じた映画のイメージは、その各映画作品とセットになって、わたしの記憶のなかにストックされ、のちの映画に対する物腰というのか、見つめ方に少なからず影響したのでした。
 また、氏が紹介していた映画のセレクトは秀逸でした。良い作品がどんなものなのか、どうして面白いのか、それを教えてくれる、和田誠は中学時代の私にとって、映画の師匠であり、メフィストフェレスであったのです。今回はそんな氏の、多方面にわたる仕事を俯瞰できる、興味深い展示となりました。ちなみに「お楽しみはこれからだ」とは、史上初となったトーキー(音の入った映画いいかえるとセリフを話す映画)「ジャズシンガー」での有名なセリフ、You ain`t heard nothin yet!((トーキーのセリフを)まだ何も聞いてないでしょ)から取られています。
また常設展でも柳生悦子の衣装デザインスケッチなども展示されていて、こちらも面白く、特に東宝映画ファンの方、セットデザイン、衣裳デザインに興味のある方は楽しめると思います。会期は9/25までです(Y)
by seibi-seibi | 2011-08-15 14:30 | Comments(0)

夏期講習 後期開始

連日猛暑つづきで、すこしばてていますが、
今日から27日まで、夏期講習の後半戦です。
夏期講習は、なんといっても一番集中してできる時期ですから、
この4週間でどこまでやり切れるかは、
あとになって大きな差となり、自信につながると思います。
前半で培ったものを、後半ですこしづつ伸ばしてほしいものですね。
f0234596_13415623.jpg

セイビの夏期講習ではおなじみのヌードデッサンから一枚。
デザイン科でヌード描くのって、珍しいのでしょうか。(Y)
by seibi-seibi | 2011-08-15 13:34 | Comments(0)

夏期講習 自画像デッサン

f0234596_76356.jpg


 
今年度初めての自画像デッサンでした。鏡に映った自分を描くのはなかなか慣れないことだったと思いますが、試行錯誤しながら良く頑張ったと思います。

似せなくてはと思うとちょっと大変かもしれません。
私ってこんな骨格してるんだあ、俺ってイケメンかも。。。と自分というものを突き放してみると意外性があって、魅力を再発見できたりするのではないでしょうか?

人体の構造、プロポーションについては日頃意識して観察しつつ、クロッキーを毎日やると
とても効果的です。
家族や身近な人を描いてみよう。ペットや植物もいいですね。
by seibi-seibi | 2011-08-10 07:24 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

いろいろかんがえてみる その2  平面構成

紙素材から文字やデザインの要素を切り出して、それらを自由に配置しながらデザインしていく課題です。手をどんどん動かして作りながらアイデアが出てくる面白さを体感できたでしょうか?

それぞれ自分でアイデアを考え、レイアウトもこうかな?ああかな?と夢中になってやっていました。考えて形にしていくこと。。これ快感です。
今度はまたこれをリメイクしたり、必要な情報を集め、分析して広げていきましょう。

f0234596_12281656.jpg


f0234596_1228776.jpg


f0234596_12275644.jpg


f0234596_124371.jpg

by seibi-seibi | 2011-08-06 12:41 | 芸大 美大受験 | Comments(0)