<   2010年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

モロッコからニースへ アンリ・マティスの旅

二学期からの新規入学の特典についてはこちら

f0234596_16475525.jpg今日は8月31日。東京では夏休みが終わる日になります。
今年は陽射しが強く、物の形と色彩がくっきりと浮き立つように感じられた夏でした。光があって色彩と形態ははじめて姿を現す、そんな当たり前のことを気づかされます。また、影が濃く、強い。夏の翳の存在感。街路樹の下やビルの谷間を歩いていると、道におちているブラックコーヒーのような翳に圧倒されます。
さて、夏休み最後に、夏らしい旅の三回目として、「色彩の画家」アンリ・マティスについて書いてみましょう。
f0234596_1648613.jpg
f0234596_16481864.jpg



アンリ・マティス(1869-1954)この敬愛すべき画家について、すでに紹介の余地はないでしょう。「野獣派」(フォーヴ)の代表的画家として知られる彼ですが、実際に野獣派として活動したのは数年のことで、本人は「野獣派」というレッテルを嫌っていたようです。フォーヴについて、『フォーヴの画家たちは決してフォーヴを受け入れなかった』p133。『あれこれの画家を区別し、性格づけている特徴に、相対的重要性以上のもの与えてはならない』p155。と述べているのをみても、ラベリングが持つ危険をわかっていたのでしょう。
マティスが野獣派(フォーヴ)から脱却する契機になったのは、モロッコ旅行だと言います。モロッコ旅行以降、彼はそれまでの色彩とマチェールが横溢する描法から、色彩のコントラストの探求へとしだいに移行していきます。黒とほかの色彩のコントラスト。旅行後仕上げられた「モロッコ人たち」1916年には、画面の多くを支配する、無彩色の世界が広がり、その強いコントラストの中に構成された色彩が、危うく感じるほどの均衡を成し遂げています。それはやはり、光の強い、モロッコの光線、滲みこむような強烈な光の下で現れる、果てしなく黒い翳りと、それを取り巻く人と自然に出逢ったマティスの、感覚的な開花であったのではないかと、思えるのです。
こののち南仏ニースに引越し、末の住処としたマティス。彼はプロヴァンスの強い光のもとで、晩年まで色彩のリズムを描き続けたのです。色彩のコントラスト、画面の構図と配置。マティスの探求は色彩に傾倒していきます。それは、ニースの陽に灼かれながらの製作のなかから誕生しえたものであったのかもしれません。『音楽のハーモニーのなかで、各音が全体の部分をなしているのと同じ仕方で、私はそれぞれの色が全体に付与する価値をもつことを望んだ。一枚の絵は制御されたリズムの配置である』p150-151。絵画と色彩について、リズムで説明するマティスのこのような言葉は、数多く残されています。モティーフをただ写す写実に飽き足らず、モティーフから色彩と、それをめぐるリズムを、線描からは運動性(ムーヴマン)を見いだす。のちの「ジャズ」の製作にも通じる、リズムとムーヴマンの発見こそ、マティスの絵画を不動のものとしたのです。
文中『』内引用は『マティス 画家のノート』1978による
by seibi-seibi | 2010-08-31 11:09 | 人と絵と、イメージ | Comments(0)

夏期講習 終了

二学期からの新規入学の特典についてはこちら

8/28.土曜日。夏期講習終了しました。
今年の夏期講習は暑かった!連日35度のなか、体調を崩した人もなく、無事最後まで走り抜けた皆さんに拍手を送りたいですね。最終日には、恒例の打ち上げも行われました。今年は、ベトナム春巻きにタコス。まあこの暑さなので、というわけでもないですが、暑さに合う料理となりました。

二学期は9/6から始まります。8/30から9/4までは新学期前のお休みになります。
このあいだも、12時から6時くらいまで、事務室は受け付けのため開いています。
二学期の申し込みをする方は、この時間内においで下さい。
できればいらっしゃるまえに、お電話を頂くと確実です。
かたづけ、掃除等で事務室を離れていると申し訳ないので。
よろしくお願いいたします。
by seibi-seibi | 2010-08-29 09:32 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

夏期講習22日目

二学期からの新規入学の特典についてはこちら

夏期講習も残すところあと3日。ラストスパートに入りました。
東京では連日の猛暑のうえ、雨も降らない八月でした。
連日34度以上を指す温度計を横目にしつつ、なんとか全員無事に乗り切れそうです。

f0234596_8393165.jpg夏期講習は一年で一番集中して絵を描ける時期。
この夏期講習で、目に見えて上手くなったと実感している人も、壁にぶつかって、なかなか進めず苦悩した人もいるでしょう。夏期講習が終わろうとしているいま、自分の作品に、日々の努力と研鑽の結果が現れたのを実感できたとしたら、それはすばらしい。気持ちも高揚し、充実感をかみしめていることと思います。
f0234596_8421128.jpg

f0234596_8431670.jpg
また、なかには、なんだかわからなくなった人、上達しているのか、わからなくなっている人もいる。そういう人は、出口の見えない迷路を進んでいるようで、焦りと悔しさがつのっているかもしれません。しかし、いや、そういった人たちこそ、この夏期講習での四週間は実り多いものだったのだろうと考えています。というのは、回答が得られず、進めず、逡巡しているとき、人は、なにかを掴もうとして手を伸ばし、路を見つけようとしてもがいているわけです。こういう時こそ、自分の殻を破り限界を超えるきっかけを、ひょんなことから掴む可能性があるのです。簡単にできて、すぐにわかることからは、新たな発見はない。むしろ、不可能と思えるくらい大変で、難しく感じるものに立ち向かうとき、人は新しい発見をできるのです。自分を限界を超えたとき、黎明のような一条の光が差し込んで、暗闇のなかから突然、出口を見いだすような瞬間が、苦労のあとには待っています。美大受験には功罪もあるとおもいますが、チャレンジして打ち克つ経験ができる機会として捉えるなら、功のほうが大きいかもしれません。
by seibi-seibi | 2010-08-26 15:24 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

二学期の開講について

夏期講習も最終週に入りました。
セイビ二学期は9/6の月曜日から始まります。
二学期の特典として、新規入学者の入学金を半額にします。
つまり、受験コースは15.750円、基礎・一般コースは10.500円になります。
すでに夏期講習から参加している方は、二学期の入会金は無料になります。

二学期は受験追い込みの季節です。
これから、公募推薦入試を狙う方、桑沢デザイン研究所など、実技試験のある専門学校、そして、美術系の高校受験を考えている方は、この機会にぜひ、参加してください。今からでもがんばれば合格できます。

基礎デッサンコースと一般コースも募集しています。

現在高1・高2で、将来は美大と考えている人、早いうちから少しづつ実技をこなしておくと、高3になってから余裕をもって受験に臨めます。また、志望決定のために、一通りの実技をやっておくのも大切です。自分が何がすきか発見するのには、まずやってみなくてはわからないからです。早めの対策があれば、受験前で急がなくてもよいのです。

一般コースは、油と水彩の二本立てで、開講しています。みなさん、ゆっくり、しっかりがんばっています。初めてでもじっくり取り組めば、次第にできるようになります。いままでも、それまでまったく絵筆を握らなかった方が、一年でかなり上手くなっています。みなさんも、この機会に検討してみてください。

相談・無料体験等随時募集していますから、お気軽にご連絡ください。
by seibi-seibi | 2010-08-24 08:37 | Comments(0)

ムサビ・タマビ進学相談会に行く

f0234596_1425397.jpgf0234596_14251511.jpg
美大の進学相談会のなかでも、最大規模の相談会が昨日と今日、開かれています。8月。夏期講習最中の、熱い(暑い)相談会です。今年は、タマビの会場を、上野毛校舎から多摩美術大学八王子校舎に移し、規模も大きくなって開催しています。ムサビは例年通り、武蔵野美術大学鷹の台校舎12号館で開催。f0234596_1427481.jpgf0234596_14395216.jpg

しかし、タマビは変わりましたね。メディアセンター、図書館、などなど、少し前のタマビを知っている人たちには、別世界が広がっています。そのどれも素晴らしく美しい空間を作り出しています。変わってないのはイイオ食堂くらい。暑い中八王子まで足をのばしても、一度見ておいて損はない、ということなのでしょう。参考作品の展示は、図書館のある建物とその隣の二会場に分かれています。上野毛のときより広く、見やすいようです。f0234596_14285747.jpgf0234596_14291480.jpg

ムサビ・タマビとも、参作は、これはもう見てもらうしかないのですが、百聞は一見にしかずとはこのことでしょう。合格作品を実際に見て、そこから感じられる存在感を感じ取って欲しいものです。合格者がどこまで描いていて、どのくらいの完成度で仕上げているか、それがはっきり分かるはずです。どの作品にも合格を勝ち取る強度が感じられますし、作者のこだわりが、ひしひしと伝わってきます。会場で、どの作品が上手いとか、かっこいいということだけに目を向けずに、限られた時間内で、自分のもっている力をどれだけぶつけているか、制約によって萎縮するのではなく、逆に、それを利用して楽しんでさえいるのか、そういうったことを感じとって欲しいのです。また、本物を見たときに感じる、ある種のリアリティを忘れないで欲しい。受験が近づいたとき、どこまで描かなくてはならないのか、参作を目の当たりにしたときの感慨から、思いおこしてもらいたい。今日見ている作品に、テクニックではなく、気迫やアイディアでまさる作品を作りださなくては、合格しないのですから。
f0234596_14422138.jpg

by seibi-seibi | 2010-08-22 14:45 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

フリッツ・ラングについて 続き

昨日、フリッツ・ラングについて書いたので、今日はその続きです。『メトロポリス』で一番の見せ場は、狂信的な科学者がアンドロイドを作りだすところでしょうか。このシーンの、科学者の顔を見て、なにかほかの映画を思いだしませんか。理性を失ったかのような容貌。何かに憑かれたような瞳。それは、いわゆるマッド・サイエンティストのそれです。f0234596_1739378.jpgここで思い出されるのは、たとえば『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドク・エメット・ブラウン。彼のしぐさや容貌は『メトロポリス』のそれに良く似ています。おそらくは、『メトロポリス』の科学者の造形が、のちの作品に引用された例でしょう。すこし戻ると『ヤング・フランケンシュタイン』にも同様の科学者のカリカチュアが現れてきます。このように、フリッツ・ラングの作品を起点として、こんなキャラクターができあがってきたのです。
f0234596_1736185.jpg映画史的な言説で語れば、フリッツ・ラングは、ドイツ表現主義に連なる監督です。神秘的でありまた、耽美的であるドイツ表現主義は、のちの映画の表現手法として、引き継がれていきます。濃霧のような霧を用いて空間処理を行う手法は、黒澤明監督の『蜘蛛巣城』や、ウッディ・アレン監督の『ウッディ・アレンの重罪と軽罪』などに用いられています。このように、美術作品として映画を考えてみるとき、作品の持つスタイルが、後の作品に与える影響の大きさがわかるのです。
by seibi-seibi | 2010-08-20 17:25 | Comments(0)

フリッツ・ラングとサンダーバード 

f0234596_17543063.jpgf0234596_1754539.jpg昨日東京は38度を越える酷暑になりました。セイビでも、外に温度計吊るして実際に測っていました。と、2時には38.5度。これはもう、温泉です。今日は、この暑い東京を離れて、『空想科学』映画の話でも書きましょうか。
映画というメディアが誕生して105年が経っている今日、もう映画はその位置を揺るぎないものとしています。『アバター』で本格的な実用化が始まった3Dも加わり、映画の可能性はこれからも広がっていくだろうと思います。さて、皆さんが映画を観るとき、その作品の背景に、映画100年の歴史が隠れていることを考えたことがありますか?どんな作品でもそれ以前に作られた作品の技法や手法の上に成り立っていますから、映画作品の多くには、影響を受けた先行する作品があるものです。ここではその例をいくつか挙げてみます。
『スターウォーズ』のロボットC3POを覚えていますか。全身金属の、少し臆病なロボット。この作品の重要なキャラクターですね。つぎに、むかしテレビで放映していた『サンダーバード』のなかのサンダーバード1号。これを観てわかる人は40代くらいかもしれませんが・・・。さて、このふたつとも、それぞれにもとなった作品があります。その作品の監督の名は、フリッツ・ラング(1890-1976)。ドイツの監督です。フリッツ・ラングと聞いてすぐに作品が浮かぶ人は、かなりの映画通でしょう。ラングは、サイレント映画時代に華々しく活躍した監督。彼が撮った作品の多くは、現在のSFとかホラーとかの原型になっています。たとえば『メトロポリス』(1927年)。サイレント映画時代の最高傑作のひとつとなったこの作品は、未来の管理社会や、アンドロイドの誕生を描いた、先駆的な作品なのです。この『メトロポリス』の最大の見せ場は、アンドロイドの誕生のシーン。天才的な発明家により、妖しく蠱惑的で美しい女性アンドロイドが作り出されるのです。映画史に残る、このアンドロイドにインスパイアされて造形されたのが、のちのC3POなのです。
f0234596_1805811.jpg
f0234596_1811316.gif
また、『サンダーバード』で、印象的な一号が発射するシーン。プールの下に隠されている発射台から飛び立つとき、プールが動き、発射台が姿を現します。この一連のシーンは、どうやらラングの『月世界の女』(1928年)の月ロケットの発射シーンを参考としているのではないかと思います。『月世界の女』は、当時考えられる月旅行を、かなり科学的に描いていて、今見ても驚かされる映画です。地球から月の周回軌道にのる仕組みとか、地球重力圏を突破する様子とか、よく描けたなあと驚嘆させられるシーンも多い。これがサイレント映画なのかと、疑いたくなる完成度です。
フリッツ・ラング監督の作品は、最近になって入手しやすくなりましたし、レストアもなされていますから、機会があればぜひ見てください。そして、こんな古典の中に、現代へと通じるアィディアがあらわれていることを確認してみてはいかがでしょうか。
by seibi-seibi | 2010-08-18 16:34 | Comments(0)

夏期講習後半 開始しました

2010 夏期講習、今日から後半二週間の開始です。
今日も東京は36度の予報で、今現在すでに32度はあります。
今年の夏期講習は暑さとの戦いになりましたね。受験生もみんな、水分補給と食事と睡眠をたっぷりとって、あと12日間乗り切りましょう。
さて、今週は、ムサビ タマビの進学相談会を週末に控えています。一年でもっとも大きな相談会なので、見逃すわけにはいきません。どちらも目玉は「合格参作」。受かった作品の圧倒的な存在感は、見なくてはわかりません。会場では、「短時間でこんなところまで描きこむんだな」とか、「こんな色合いを使っているぞ」など、毎年作品を見る受験生のどよめきが聞こえます。敵を知り己を知る、そういう気持ちで、じっくりと見てほしい。どのくらいまで描かなくてはならないのか、そのために今、なにをしなくちゃいけないのか。受験を勝ち抜くには冷静な分析と、それを乗り越えようとする不屈の意思が必要です。また、ムサビ タマビとも、各学科で説明会を開催するので、自分の受験する科の説明会の時間を調べてから行くようにしましょう。思わぬ収穫もある進学相談会。今週末は忙しいですよ。
by seibi-seibi | 2010-08-16 10:33 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

今週はお休みです。

夏期講習後期が始まる8月16日まで、セイビはお休みです。
この休み中も、受験生達には宿題が出されています。とにかく書き続けること。継続は力なり、とはよく言ったものです。デッサンの上達には慣れも大きい。楕円一つでも、毎日クロッキーしていたら、それだけで変わってきます。「できない、分からない」と困惑しているときは、頭をからっぽにして、とにかく手を動かしましょう。
描くことは多分にフィジカルな行為でもあるのです。手を動かしよく見つめて、描く。すぐには結果は出なくても、みえないところでゆっくりと、実力が付いていきます。それが何かの拍子に一つに繋がるときが、かならず来ます。諦めないで、少し我慢して向き合ってみる、そういう姿勢が受験では必要ですね。
by seibi-seibi | 2010-08-11 11:57 | Comments(0)

夏期講習12日目

f0234596_1436393.jpg
今日は夏期講習前半の最終日です。これは人体デッサンの様子。人体デッサンは、からだのプロポーションを理解し構造を把握するのがまず大切です。しかしもっと大事なのは、生きた人を感じること。人間の生命力、存在感を感じ、目の前に座っている確固たる人と対峙しているという感覚が大切です。呼吸似合わせて膨らむ胸や、前を見据えた瞳の眼光の強さ。そういう生々しさに感動できたらかならず、力の入ったデッサンが仕上がります。まさに人と描く人との、熱く静かな関係が結ばれる。デッサンしている合間に、そういう瞬間が感じられたとすれば、それはまさに幸福な一瞬です。今回の人体デッサンで一度でも感じられたとしたなら、それはまさに僥倖でしょう。皆さん後半も頑張りましょう。
by seibi-seibi | 2010-08-07 14:39 | 芸大 美大受験 | Comments(0)