<   2010年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ゴーギャンのタヒチへの旅

f0234596_20585784.jpg

f0234596_865558.jpg旅にもいろいろありますね。ポール・ゴーギャンの旅は、いわゆる旅行ではなくて、さすらいの旅です。彷徨と逃避の果ての片道切符の旅。証券取引所の敏腕トレーダーだったゴーギャンは、ピサロの師事していましたが、あるとき妻子と家庭を捨て、画家になることを決心します。このときゴーギャン35歳。社会的な地位も名誉も投げ打って画家になったものの、フランス社会のなかで次第に孤立し、あのゴッホとの共同生活ののち、ふと見たタヒチの旅行案内に触発され、フランス領タヒチ諸島へと旅立ちます。
タヒチには、まだ未開な暮らしを営む素朴な人々が暮らしています。その中にあって、ゴーギャンは「文明」侵食されていない「野蛮」の世界を見いだします。今の用語で言えば「野生の発見」とでもいいましょうか。しかしここもすでにヨーロッパ化していることに気づき、島の奥へ奥へと逃れるように分け入っていくのです。そして時の止まったような密林の奥で、プリミティフなもの、侵されていないものと溶け合い、ただひたすら制作に没頭します。ひとりの「野蛮人」の誕生です。その末に描いた作品が、ここに上げる、「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」D'où venons-nous ? Que sommes-nous ? Où allons-nous ?でした。
この大作製作後、砒素を呑み自殺を図ったゴーギャン。しかし、自殺は未遂に終わります。絵の中に描かれた群像。生と死。自然と人間。宗教と宇宙観が、渾然一体となり、描かれているようです。人は産みだされ、死ぬ。その人を見守る神々や自然も、本来人と一体なのだ。やってきて去っていく刹那な存在としての自分を捉えた、晩年の傑作となったのです。ゴーギャンの場合、タヒチへの旅は、自分の属している「文明」と決別するための旅でした。もっとも原始的で無垢な精神に戻っていくことで、次第に人本来の自由さ、豊かさを再発見しようとしたのです。それが創作活動の源泉となり、汲めど尽きぬイメージの源泉となったのでしょう。
by seibi-seibi | 2010-07-30 21:03 | 人と絵と、イメージ | Comments(0)

2010夏期講習4日目

f0234596_18255246.jpg
f0234596_18262462.jpg
夏期講習4日目。夏の恒例、ヌードモデルデッサンの日でした。高校生にとってヌードは初めて。みんな、ちょつと緊張しながら臨みます。油絵科はもちろん、デザイン科も混じってデッサンしました。モデルさんが入ったとき特有の緊張感が、みんなにも伝わるのでしょうか、絵も少ししまっているように思います。「描いていて面白い!」「今日は楽しんで描けています!」そんな声を多く聴きました。デッサンするとき、こうした新鮮な感動があると、いい作品になりますね。
人体ヌードでは、人間のからだの、骨格の理解と構造、プロポーションの理解に重点をおきます。体の動きと流れを見ながら、どこに重心が落ちているのか、各部位の相対的な比率はどれくらいなのか、人体から学ぶことは多いのです。そのすべてをいっぺんに見出すのは難しくとも、一つでも分かったとしたら、かなりの収穫でしょう。デザイン科はこの後ヌードは描かないと思います。受験までに一度でも描いておくことは、人体の把握に役立ったろうと思います。
by seibi-seibi | 2010-07-29 18:27 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

チュニジアへ パウル・クレーの旅

f0234596_17185139.jpg
夏期講習も始まって三日目になります。いまが夏休みの一番暑い時期かもしれません。夏休みには旅行に行ったり、里帰りする人も多いでしょう。一年でいちばん旅行の機会が多いこの季節。今日は画家と旅行について書いてみましょう。
パウル・クレー(1879-1940)は20世紀を代表する画家の一人です。彼の絵をあしらった絵本なども発売されていますから、なじみのある画家だろうと思います。色彩豊かな抽象画やユーモラスな人物像。彼が描いた世界は色彩にあふれています。しかし、はじめから色彩を用いて描いていたのではなく、1914年のチュニジアへの旅行のあと、色彩に目覚めたといわれています。f0234596_17195739.jpg
チュニジアの旅行前、クレーはもっぱら、モノトーンによる絵画表現の追求をしていて、そのころは色は用いていません。それがチュニジアに行って、いっぺんに変わってしまう。色彩に開眼していくのです。
クレーの旅はジュネーブから始まります。汽車に乗ったクレーと一行は、一路フランス南部のリヨンまで行きます。そしてローヌ川沿いにプロヴァンスをめざし、南仏海岸のマルセイユに到着。マルセイユから船でサルディニア島に渡り、ここから北アフリカのチュニジアへ。3日を要した大旅行の末たどり着いたチュニジア。クレーはアフリカの強い陽射しに焼かれ、旅行の高揚感も手伝って、異国の景色と色彩に感動します。当時、ヨーロッパからアフリカまでは遥かな旅といえるでしょう。南下するにしたがって、色彩は強く印象付けられていきます。f0234596_17211898.jpg


最初はサルディニア島で「水と空気の色が、今日は昨日より強烈だ。色彩はさらに激しく燃え、しかもより暗い。」と、クレーを眩暈した色彩は、チュニスでかれを捉えます。そう、文字通り向こうから捉えてきます。「色彩が私を捉えたのだ。もう手を伸ばして色彩を追い求めることはない。色彩は私を永遠に捉えた。私にはそれがわかる」クレーが色彩の画家となったとされる有名なフレーズは、チュニジアの空の下で発せられたのでした。
多くの画家が、このような旅をして、そのさなかに何か確信を掴むことがあったようです。異郷の地にあっての開放感や、エキゾチックな人々と食事。そういったものが渾然一体となって、画家のイマジネーションを刺激していきます。そして絵筆を持ち、描く中で、なにか触発されるものと出会うのです。画家にとって旅行はイメージを広げる画布のようなものです。その途中で出会うすべての事件が、画家をある境地に導くのです。みなさんも旅行に出るときは絵筆を持っていきましょう。旅先でのちょっとしたスケッチも、あととなれば、とてもたくさんの記憶を写した作品になるかもしれません。なにより、イメージを広げられる機会でもあるはずです。夏休みの旅行が実り多いものになるよう、イメージの目を大きく見開いて、さあ、旅に出てください!
(文中引用は「新版 クレーの日記」みすず書房より)
by seibi-seibi | 2010-07-28 17:24 | 人と絵と、イメージ | Comments(0)

2010夏期講習開催中

f0234596_16485383.jpg
f0234596_16491553.jpg


夏期講習二日目。連日の暑さの中、みんな元気に描いています。最初の課題はデッサン。久しぶりのせいか、進み具合のテンポがつかめていないような気もします。ほとんどが現役生ですから、朝から来て描くのも初体験の人もいますから、これからなのでしょう。
セイビでは、夏期講習からはじめた初心者も多いので、今日は鉛筆の削り方を、一生懸命習得していました。カッターで鉛筆削って、手も真っ黒。なかなか尖らすのも大変です。用具の使い方から慣れていくこと、それがはじめの第一歩です。あせらず、一枚一枚しっかりと仕上げていきましょう。この夏の努力はきっと、秋になって報われます。
f0234596_16573429.jpg
f0234596_16582695.jpg

by seibi-seibi | 2010-07-27 16:58 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

2010年 夏期講習開始しました

今日より、夏期講習が始まりました。
先週からの猛暑続きで、もう夏期なかばみたいな錯覚すら感じますが
今日から夏期講習です。
夏期講習前半は7/26-8/7までの12日間。
朝の9時から4時までが実技。5-7時が学科です。
暑さのなか、夏バテなどならないためにも、水分をよく取り、健康管理に気をつけましょう。体を壊しては絵は描けませんからね。秋になって、そよ風が吹くころには、何か一つ掴み取って成長していることを期待しています。
by seibi-seibi | 2010-07-26 09:20 | Comments(0)

ピアニストのための光冠(コロナ) 人と絵と、イメージ③

f0234596_9232574.jpgf0234596_99275.jpg
皆さんは、武満徹(1930-1996)という音楽家をご存知でしょうか。日本を代表する作曲家。その活動は現代音楽から批評、映画音楽など幅広く、そのどの分野においても卓越した作品を生み出した、まさに天才と呼ばれるのにふさわしい才能の持ち主です。彼の作曲した「ピアニストのための光冠(コロナ)」(1962年初演)は、当時31歳だった武満徹と、グラフィックデザイナー杉浦康平により生み出されました。楽譜は従来のそれからは想像できないような、グラフィックスコアと呼ばれるものでした。青・赤・黄・灰・白の5色の正方形の中にある二重円。それに沿って描かれた幾何図形。この五枚を組み合わせて楽譜にするのです。組み合わせ方は自在に変えられるしくみになっていて、演奏前に組み合わせ、それを読み取って演奏していくのです。
5色にはそれぞれ、青・振動の研究、黄・アーティキュレーションの研究、赤・抑揚の研究、灰・表現の研究、白・会話の研究といった指示が与えられています。ここでは色彩も楽譜の役割を担っているのです!色彩を音と関連付け、あたかも色が音を奏でる契機になっている。杉浦康平と武満徹のしかけたこの楽譜は、グラフィックと音楽が交差する幸福な瞬間を作りだしたのです。
ここには、従来の厳密に規定された音楽にはない、もっと多様で重層的な解釈を可能にした音楽が立ち現れるのです。音楽は束縛から解き放たれ、音そのものも持つイメージに限りなく近づいていきます。色彩の持つ根源的なイメージが、現代音楽の作曲の場において復権し、またその神秘的な力を発揮したともいえましょう。
f0234596_8434091.jpg杉浦康平はこれ以外でも、弦楽器の為のコロナⅡにおいて、デカルコマニーを同心円の中に配置したスコアも制作しています。偶然性に音楽をゆだね、音楽自体が自らの力で、自己再生していくような楽譜。ビジュアル的に見てもなんと美しいイマジネーションに満ち溢れていることでしょう。音楽と色彩が出会い、それがひとつの音楽に昇華していく、星のかなたに向けて飛び去り、消えていくような、至福のときがそこにはあるのです。
by seibi-seibi | 2010-07-23 09:31 | 人と絵と、イメージ | Comments(0)

フェリックス・ティオリエ写真展に行く

f0234596_13121239.jpg世田谷美術館で25日まで行われている「フェリックス・ティオリエ写真展」に行きました。このティオリエという人物、37歳で仕事を辞し、残りの人生を写真と、考古学に傾注して生きたという、なんとも羨ましい経歴の持ち主です。今回は、彼が撮影した膨大な写真の展示になります。彼は「ピクトリアリズムの写真家」として知られています。ピクトリアリズムとは、写真をあたかも一枚の絵画のように撮影すること。後のストレート写真より作者の作為性が前面に押し出された写真といえます。
実際見てみると、風景画や肖像画のような佇まいを見せる写真の数々。どれも厳密に設計されたような、しっかりとした構図に魅せられてしまいます。田園風景の中で働いている農民でさえ、一人ひとり配置されたかのように、見事に収まっています。それらを、後世のストレートフォトと比べたとき、恣意的に世界をコントロールしたと捉えられたのです。しかし、その見事なまでの絵画的写真の完成度を眼前すると、この時代の写真が目指していた、ビクトリアルな美に、ただ感嘆してしまうのでした。なによりもその時代に生きた人々の、しぐさ、眼差しに出逢うことができるのは、写真の持つ特性の一つといっていいでしょう。モノクロームの世界の向こうから見返されたような眩惑をかんじるとき、一瞬その時代にさまよいこんだ錯覚をうけるのです。
ティオリエはまた、世界最初のカラー写真である「オートクローム」によるカラー撮影も残しています。オートクロームを見るのは初めてでしたが、微妙に薄れたような色彩のカラー写真、このなんと美しく、儚げなことか。カラー写真の発明者は、映画の発明者であるリュミェール兄弟であり、最適な現像方法をめぐって、リュミェール商会とも交流していたらしく、いくつかの書簡が展示されていました。当時(1910年頃)リュミェール商会は南フランス随一の工業都市リヨンにあって、サン・ティティエンヌに暮らしていたティオリエとは、距離も近かったのですから、往来があっても不思議はないのです。リュミエール商会は彼の現像の技に舌を巻いて「一度現像を習いたいという客をそちらに送ります」とさえ書いています。写真によって世界がそのまま写し取られ始めた時代を生きた、ティオリエとリュミェール。かれらが夢見ていた、「写真」と「映画」が、のちに、世界の認識方法をも変革するメディアとなっていくことを、かれらは理解していたのでしょうか。
by seibi-seibi | 2010-07-22 13:16 | Comments(0)

三つの色材 ラスコーからギリシアへ 人と絵とイメージ②

前回は突然、ラスコーの洞窟壁画まで戻ってしまったのて゛、驚いた方も多かったのではないでしょうか。今日はラスコーから時間軸を未来に進めていきましょう。ラスコーの洞窟壁画は、世界でももっとも保存状態のよい遺跡なので、絵画制作に使ったものもよく分かっています。それは木炭・赤土・黄土などで、これに樹液を混ぜて使ったようです。黒色は現在で言うピーチブラック(植物を燃やした炭)、赤はライトレッド(酸化鉄赤)か、バーントシェナ(シエナ土を焼いて得られる赤土)、黄色はイエローオーカー(黄土)ではなかったかと思います。これらは、自然界のどこでも見つけられるものなので、それを採集して絵の具にしたのでしょう。赤・黄・黒など、基本的な色は身のまわりの土や灰から作っていたわけです。
今でも油絵科が使っている木炭は、ラスコーで用いられているものと大差ないと思います。1万5千年前の画材が、今でも用いられていると考えると、ちょっと驚きではありませんか。古来より用いられ、色材としてもっともポピュラーだったこの3つには、後に特別な意味づけがされていきます。つまり、色彩にイメージが付け加えられたのです。時計を医学の創始者ヒッポクラテースやピタゴラスが生きていた時代に進めましょう。
ギリシア・ローマ時代、人の性質(性格)は、宇宙の四つの要素との連関で説明していました。なにせ古代のことですから、実証的な内分泌学は確立されていません。解剖から分かるデータと、古来からの言い伝えが混ざっていくわけです。その四つは、人間の身体を流れる四つの体液によって決められていると考えていたのです。それによると、人の性質は
血液性(赤)は快活・黄胆汁性(黄)は激しさ・黒胆汁質(黒)は憂鬱・粘液質は冷淡さ の四つに分かれます。この四つが体内にあって、どれが支配的になるかで、性格が決まるというのです。これがいわゆる四体液質です。この四つの性質のうち三つまでは、赤・黄・黒という色と対応しています。実際に解剖して、あるいは動物をさばいてこれらの色をした体液を見たのでしょうが、その色はどれも、古来から馴染み深い色材の色でもあったのです。これがそのまま結びついたと考えるのは、いささか早計に過ぎると思いますが、色彩の持つイメージが先行して存在して、それを各体質に結びつけたのだろうとは考えられないでしょうか。
赤は、活発で、熱い。黄は太陽に似て激しい、黒は夜の闇のように暗く、沈んでいる。現在の色彩心理学の基本となるような、色彩に対する感じ方が、これら三つの色彩に対して、特定の意味を与えたといっても過言ではないでしょう。つまり昔から色彩を見て感じるられることには、人類共通の類似点があって、その仕組みは現在でも変わっていないということなのでしょう。人間の共通感覚に根ざしているこのような共通性があるからこそ、絵画はすべての人に開かれた芸術表現になるのです。色彩を通じたイメージの持つ力は、古代から現代へと連綿と引き継がれているのです。
by seibi-seibi | 2010-07-21 14:18 | 人と絵と、イメージ | Comments(0)

不定期連載 人と絵とイメージ ①

f0234596_13311998.jpg
時間旅行の先駆的作品「タイムマシン」を記したH・G・ウェルズは、「世界史概説」という歴史書を残しています。この著作がユニークなのは、その歴史の捉え方で、彼は宇宙の始まりから筆を起こし、人類史ぜんたいを俯瞰して記述しているのです。人間の営みだけが「歴史」なのではなくて、人が存在する前からすでに「歴史」は存在していたことをウェルズは示し、人類史=歴史と考えがちな、人間の傲慢さを教えてくれています。
このウェルズの巨視的文化史観は、ともすれば偏りがちになる見方に、複眼的な視野を与えてくれます。これから書くことにおいても、ウェルズの複眼的視野に少しでも接近しながら書こうと考えています。

さて、皆さんは、人がいつごろから絵を描いているのか、想像したことがありますか?日本だと高松塚古墳とか、縄文時代の土偶、土器などが思い浮かぶかもしれません。それ以前は、残念ながら見当たらないようです。しかし、海外に目を向けてみると、旧石器時代くらいまでは遡れるようです。その代表的なものの一つに「ラスコーの洞窟壁画」があります。1万5千年前、クロマニョン人がこの洞窟に住み着き、動物や人の絵を描いたのですが、世界には、この壁画以前にも、描かれた痕跡はたくさん残されています。
この壁画には、その時代の狩猟生活においてしばしば捕獲対象であったろう動物たちが描かれています。そのリアルで、躍動感のある描写はつとに有名になっています。人間がまだ筆も持たない時代から創造性をもっていた証が、ここに刻み付けられている、といってもいい。そしてまた、興味深いことに、リアルに描写された動物以外にも、人の手形を写し取ったものが見つかっています。これは、手を描写したのではなくて、壁に押しつけてそのうえから絵の具になる鉱物を吹き付けて形を浮き上がらせた、正に「手形」と呼べるものです。この手形を残す行為こそ、恐らく人の残した、もっとも最初の絵なのではないかと思います。
f0234596_1345551.jpg

子供時代、どろ遊びをしたことを思い出してください。指で土を捏ねていくなかで、じぶんの手のひらを土の上に押しつけ、手形を作ったことがありませんか。これが何故か面白く楽しいので、何度も何度も手形を重ねて作った、そういう経験は誰にもあろうかと思います。旧石器時代のクロマンョン人たちも、同様のときめきを感じながら、手形を描いたのではないでしょうか。からだの一部をそのまま残しておく、それはつまり、その人の生きた証拠を残す行為に他なりません。人が生まれてきたことを保存しておく手段として「手形」は最適なのです。現在ハリウッドにある、スターの手形のプレートにも、類似した思考がみられます。人間が、自分の存在を残していこうとした、最も最初の活動であり、この「何かを残したい」という気持ちこそ、人間が創造する生物たらしめている、一つの要因なのかもしれません。だからこそ、手をリアルに描くのではなくて、直接的に写し取ったのではないかと思えるのです。「この絵を描いたのは、わたしの「手」なんだ!」と、クロマンョン人は、そう語っているのかもしれません。
by seibi-seibi | 2010-07-20 14:11 | 人と絵と、イメージ | Comments(0)

地デジ化一秒前のタイムトラベル

今日は海の日です。セイビはただ今、無料体験実施中です。
休日でもありますし、ちょっと気になることなどを少し・・・・。
皆さん、地デジ化はお済みでしょうか。地デジ対応テレビを購入し、地デジアンテナを立て、首尾よく「地デジ」放送受信となるわけです。セイビでも、地デジ化は完了し、昨年より「地デジ放送」を楽しませてもらっています。ただ、まだ完全移行済みではなく、昔からあるブラウン管テレビも平行して使っています。これは従来どおり、アナログ受信です。つまり、地デジとアナログの二つのテレビがあるのです。どちらでも受信可能な期間ならではの受信環境です。
さて、地デジ放送とアナログ放送、この二つの放送を一度に点けて使用すると、奇妙なことが起こります。二つの放送には、わずかながらズレがあるのです。具体的に言うと、地上波アナログのほうが、地上波デジタルよりも少しばかり早い。つまり、同時に放送を見ていると、音声も映像も輪唱状態になるのです。
その差は約1秒。

f0234596_1448197.jpgなぜなのかは分かりませんが、アナログのほうが早く受信しているのです。この状態で、時報を聴くと、当然、アナログが1秒先に時報が鳴り、遅れて地デジの時報が鳴ります。時報って「正確な」ものだと思っていませんか?テレビの時報見ながら時間合わせすれば、間違いなく正確だと信じていませんか?でも1秒も違うといったい、どちらを信じたらいいのでしょうか?それにこのままいくと、奇妙な現象が起きることになりませんか?
地デジ化完全移行は、2011年7月24日午前0時0分0秒です。この移行直前に地アナと地デジを同時に見ているとしたら、地アナで、2011年7月24日午前0時0分0秒になったとき、地デジではまだ、2011年7月23日午後11時59分59秒なはずです。地アナが午前0時、放送停止した後、1秒遅れで地デジ放送の時報が鳴り響くはずです。
ということは、地デジが完全移行するとき、テレビ放送においては、2011年7月24日午前0時0分0秒は1秒遅れて始まることになりませんか。では、地アナから地デジになった瞬間、1秒遅れるわけですから、1秒過去に戻ったことになりませんか。その時点で地アナは消滅しているのですから、失われた1秒は完全に消し去られることになります。
テレビはこの日、1秒だけ過去にさかのぼるタイムマシンになるといえます。実際そんなことはどうでもいいことですが、時報は正確なものという既成概念に異議申し立てする事件でもあります。世の中、「本当らしい」ことでも、さかさまに見れば、案外異なった見え方をするものです。「常識」をうたがい、覆すとき、そこに新たな捉え方がみえるのかもしれませんね。
by seibi-seibi | 2010-07-19 14:50 | Comments(0)