<   2010年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

初夏の、デッサン大会

今週のセイビでは、現役生にとっては初めてとなる、大型モチーフを描いています。いままで比較的小型の静物ばかりだったので、ここで一つ大きく、徹底して描いてもらおうというわけです。トリミング・構図決めなど、やらなくちゃならないことがとても多くなりますが、みんな、何とかクリアしてどんどん描いています。今週末にどんな具合に仕上がるか・・・。期待と、少しばかりの怖れを感じています。
by seibi-seibi | 2010-06-30 20:38 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

課外授業

f0234596_16203783.jpg
6/25夜、セイビの課外授業がありました。まあ、授業といっても硬いものではなく、美術館見学に行ったり、おしゃれなショップなんかに入ったり、そんな、一種のフィールドワークです。せっかく東京にいるのに、意外と都心のお店や、美術館に行ったことのない生徒が多い。高校生は制約も多いので当然かもしれませんが、じぶんの足で『美しいもの』『おもしろいもの』に出会ってほしいものです。そういう、美のアンテナを持ってもらうためみんなで街中に繰り出しました。
今回は、東京オペラシティで開催している『猪熊玄一郎展』に行きました。
by seibi-seibi | 2010-06-28 16:21 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

ギャラリーART ACT 展示のおしらせ

ギャラリー ART ACTで、子供たちの絵の展示を行います。

会期 7月20日から23日 
午後1時から6時まで

『海の日 イベント 海の生き物をえがこう』
子供たちが描いた、大きな絵の展示です。さてさて、どんな海の生き物たちが描けるでしょうか。乞うご期待です。

主催 ASA成城 詳細・参加希望の子供たちは、 infi@asa-seijo.com 03-3417-3349までどうぞ。

協力
成城美術研究所
          
成城アトリエ
by seibi-seibi | 2010-06-26 13:00 | Comments(0)

セイビ卒業生の展示 TURNER GALLERYにて

f0234596_14445387.jpg

セイビの卒業生、伊藤安奈さん(現在 多摩美術大学 油彩 大学院2年)の展示が下記日程で行われます。タマビ同期の方たちの展示になるようです。このチラシの中央、騎乗の二人は、モンゴル平原に旅行した折りの、伊藤安奈さん自身と、やはりセイビ卒業生、加藤直さん(東京藝術大学 油彩 大学院)の二人です

outpost
TURNER GALLERY

6/26to7/2 AM11:00 to PM:7:00

オープニングパーティーには、マジカルアートルームのぬかりやさんが、DJ NUKARIで参加するそうです。

くわしいことはこちら
by seibi-seibi | 2010-06-23 14:56 | Comments(0)

紙立体

f0234596_16451936.jpg

紙立体。空デなどの試験には必ず出てきます。
この紙立体という奴、最初は何をすべきなのか良く分からないものですね。
まずは、展開図を起こし、きちんと組み立てられるかが大切です。やはり仕事が汚いと、せっかくのアイディアもうまく表現できません。何度かトライして慣れていくのも大切ですね。
by seibi-seibi | 2010-06-22 16:49 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

CDのデザイン 土曜基礎造形クラスより。

f0234596_12112932.jpgf0234596_12121738.jpg
土曜の中学生たちの作品です。CDのジャケットをデザインしました。最近は「ダウンロード」が盛んになりましたが、今でもCDは健在です。CDジャケットのデザインと楽曲は、音楽のイメージ表現として、関係しあっています。ジャケットの持つイメージは、その中にある曲のイメージを表現したものなのはもちろん、アーティスト自身の持つイメージを表現したものでもあるのです。ジャケットを見ながら音楽に耳を傾けるとき、ジャケットからどれほど多くのメッセージを受け取っていることか。
今回は思い思いに、気に入った音楽のCDをデザインしてみました。実際にCDケースに入れてみると、リァリティも出てきますね。
by seibi-seibi | 2010-06-21 12:22 | Comments(0)

石膏デッサン あの手この手・・・。

f0234596_19253357.jpg

デッサンといえば、まず思いつくのが石膏デッサンでしょうか。今では少なくなりましたが、石膏デッサンはやはり、基本の一つでしょう。これは基礎科でデッサン中のブルータス。あちこちに紙テープ張っていますが、当然これは装飾ではなく、形の理解のための「補助線」です。慣れてくれば、石膏像の印象をつかむのも、量感を出すのも容易になりますが、最初はみんな、分かりづらいものです。そこで何とか分かりやすくならないかと、あの手この手。いろいろやってみるのですが。さて、気がついてくれるかどうか・・・。
by seibi-seibi | 2010-06-17 19:32 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

色彩構成 ベンカ?

f0234596_14183113.jpgレモンをモチーフにした色彩構成の演習です。まずはじめにモチーフをデッサンしてみて、かたちの変化を理解します。このとき、どこで形が変わっているのか、よく見極めないとなりません。
それができたら、今度は色をもちいて、レモンを描きます。原則、ボカシはなし。色数も指定されるので、どこから形が変わっているのか、考えながら分割していきます。美大受験では「ベンカ」という技法です。ベンカってなんなのか?ひとことで言えば、稜線による色彩分割でしょうか。ハイコントラストにして表現すると言い換えてもいいかもしれません。デザイン科受験では必須アイテムのひとつですね。
でもいったいいつから「ベンカ」といっているのか?それは分かりませんが、数年前、イラストレーターの和田誠氏が、「多摩美時代、杉浦非水先生にベンカを教わったけれど、ぼくはそれが嫌いでね・・・」と講演で仰っていてましたから、かなりむかしからベンカというものがあったのでしょう。ちなみに杉浦非水は多摩美初代学長です。
by seibi-seibi | 2010-06-16 14:35 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

ムサビ・オープンキャンパスへ行く

f0234596_17364286.jpg
こんにちはデザイン科主任です。
武蔵野美術大学 オープンキャンパス 2010へ行って参りました!
新緑を眺めつつ、鷹の台キャンパスまで、玉川上水の遊歩道を歩いて行きました。
途中、SEIBIの卒業生と何人かばったり遭遇。
みなさん大人になりましたね。

オープンキャンパスは大盛況。
12号館の下では油絵学科や彫刻学科の展示、空間演出デザインは影絵作品、視覚伝達デザインは
お揃いのブルーの衣装を纏って登場。
また出店等も多数。
それにしても武蔵野美術大学の図書館は立派ですね。

f0234596_17373840.jpg


そして教員に向けた「進路説明会/進路相談会」に出席。
2010年度、空間演出デザイン学科、基礎デザイン学科、デザイン情報学科の入試にもそれぞれ変更点が。
受験生はチェックしてくださいね。


また、ムサビの「オープンキャンパス特設サイト」もありますので気になる方はチェックしてみてください。

2010年7月17日(土)・18日(日) 9:00~16:30まで、多摩美術大学オープンキャンパス 2010も行われます。
また「多摩美術大学進路相談会 2010」は、2010年8月21日(土)、8月22日(日)に多摩美術大学八王子キャンパスで行います。

みなさん夏に向けてどんどん頑張りましょう!
by seibi-seibi | 2010-06-15 17:38 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

鉛筆削れてますか?

f0234596_192529.jpg美大受験をはじめた高校生が、まずやらなくてはならないことに「鉛筆削り」があれます。最初は、カッターで鉛筆の芯をだすのに一苦労しますね。でも慣れてくると、削るのも早くなり、同時にデッサンも上手くなってきます。これはまあまあ削れているほうでしょうか。鉛筆削りはデッサン上達の秘訣ですね。

f0234596_19263419.jpg鉛筆をちゃんと削れると、折れなくなります。やたら折れるという人は、削り方が均一にできていないかも。芯先がとがって、刺さりそうなくらいにできるようになると、細かな線も引けて、断然クオリティーアップしてきます。逆に丸い芯先では、シャープには描けないだけではなく、粗い作品になってしまいます。浪人生など削るのがとてもうまくなって、箱の中の鉛筆見るだけで、「こいつは描けるな」と思わせてくれます。
by seibi-seibi | 2010-06-14 19:29 | 芸大 美大受験 | Comments(0)