受験を終えて・春期に向かって

今年の受験も、芸大の最終発表を除いて、終了しました。
美大受験を終えて、思うことを、率直に書いておきます。

受験は総合力 たとえ美大でも。

美大受験といえば、なにはともあれ、「実技」が大切だと、多くの方が思っています。
たしかに、「実技」の比重は重いし、大切なのは言うまでもありません。
美大に入学しようというのに、「実技」のスキルがなくては、あまりにも残念です。
しかし、受験は、総合力が問われます。
総合力とは、「実技」+「学科」。
実技だけできたとしても、合格しません。
やはり学科も、きちんとこなして、そのうえでの「実技」が大切になります。
ことしも、実技では及んでいても、学科で不足した場合、補欠になったりします。
「実技」と「学科」どちらも頑張りぬく、そのバランスこそが、合格に近づく、とおもいます。

基本を真摯に

実技試験の落とし穴は、テクニック。
技巧的、あるいは新しいような技法。そして「方法論」です。
大切なのは、基礎力であって、技巧ではないのです。
描くこと、観察すること、この二つのうえにしか、技法は成立しません。
まずは、まじめに、良く見て、そのまま素直に描くこと。
それができないのに、「方法」いいかえれば、受験のテクニックに頼ろうとすると、
描くことの困難さは回避されますが、もっとも大切な、きちんと見て、描くことを忘れがちになります。
これは大きな落とし穴で、テクニックでカバーした描法を、また別のテクニックでカバーしなくてはなりません。
それがすべてすんなりと行くわけもなく、どこかで、袋小路になってしまいます。
やはり、ちゃんと見て、辛いけれども素直に、大変でも描いてみるのが
結局は功を奏すと思っています。
特に受験の現場で不安に駆られたとき、人から聞いたうわべのテクニックは通用しません。

実技試験は不安だらけ

どんなに上手い人でも、何浪していても、実技試験の当日は、不安がピークになります
不安がないとしたら緊張感。
そのような状態ですから、普段どおりに描ける人は、多くはありません。
普段の8割程度しか出せないのが実情です。
テンパって、条件違反に気づかない。
道具類を忘れる。
その他、普段ならしないような失敗もします。
そういう状態でも合格するためにも、準備をして、
普段から段取り等を怠らないことが大切です。
もし、実技で失敗したとしても、学科で取っていたら、合格できます。
もしものときのセイフティネットが学科でもあるのです。


by seibi-seibi | 2017-03-10 12:56 | 芸大 美大受験 | Comments(0)


<< スラブ叙事詩 ミュシャ展によせて 合格状況 >>