夏の発見

f0234596_17471989.jpg

現役生がほとんどのセイビ受験科にとって、夏期講習はもっとも大切な時期となります。
一日三時間、夜間のみで実技をこなしてきた現役生にとって、六時間を通しで描くのは、それ自体、新しい経験であるのです。一日中集中して描いていると、見落としていたことや、いままでおろそかにしていた部分などが、あらわになってきます。そういう、普段は見えていないことにも、真っ向ら向き合う機会が、夏期講習では、できるのです。
f0234596_17475344.jpg

 問題点の発見はまた、痛みをともないます。自分の出来ないところと、真摯に向き合う気持ち、気構えができていないと、ど゛うしても目をそらしてしまいます。不得意な部分、問題点が理解できたら、どのようにそれを解消するのか、乗り越えるのか。当然、尻込みせず、果敢に挑んでいく気持ちが必要になります。各自の弱さが露呈してきますし、精神力なくしては、なにごとも成しえない、という厳然たる事実を知ることになります。
 受験で唯一良いところは、自分の弱さを知り、認め、乗り越える精神力を養える点なのではないでしょうか。思っていたよりうまくはできず、自分の卑小さ、弱さに気づくこと。またそれを、等身大の自分として認めていくこと。その上に立ってこそ、はじめて一歩を踏み出せるのだということ。受験はそんな、人生で大切で必要なことを教えてくれる契機ともなるのです。
f0234596_17481759.jpg

 夏期講習も二週間目に入り、もうすぐ折り返しとなります。ここからが、各自試される時期かもしれません。試練を受け止めて、それを耕し、次のステップに進めるよう、あと数週間を乗り越えていきましょう。そのむこうには、あたらしい、少し大きく、強くなった自分が、きっと待っているのですから。
by seibi-seibi | 2016-08-03 17:48 | 芸大 美大受験 | Comments(0)


<< 夏期講習前期終了しました 夏期講習二週目 >>