タマビオープンキャンパス

2016 タマビ オープンキャンパスに行きました。
何人かの、セイビ卒業生とも出くわし、うれしいかぎりでした。
版画研究室では、現在4年の、斉藤ももさんが、リトグラフの実習を行っていました。
彼女は、セイビ時代から、線も綺麗で、繊細で緻密な描写が得意でした。
それで、版画を選んで入学しましたが、正解だったようです。
けっきょく、その人がなにに向いていて、どんなことをしたいかで、
進路を決定したほうが◎ですね。
f0234596_950234.jpg

彼女のリトグラフ作品を出してもらい、解説してもらいました。
なんと、木板によるリトグラフなんだそうで、
タマビ版画で、開発したようです。

f0234596_9512012.jpg

プロダクトデザイン専攻では、セイビ卒業生、尾木康之さんによる、
卒業生による講演が行われました。
2013年にプロダクトデザインを卒業し、現在、㈱アシックスで、
競技用シューズのデザインをを行っている彼は、
セイビ時代から、すでに、シューズデザイナーになるという
夢を語っていました。
いまその夢を実現し、リオオリンピックの選手シューズや東京オリンピックにも
デザイナーとして参加するようです。
次の一歩はMBA選手のシューズだとか。
また、やはりプロダクトデザイン卒、現在やはり、シューズデザイナーの
黒澤さんにも思いがけず再会しました。
f0234596_9584476.jpg

講演が終了したのち、尾木さん、黒澤さんと、
プロダクトデザイン志望のセイビ生と、質疑応答をしました。
大学がどんな感じなのか、社会でデザイナーになるとはどういうことなのか、
すこしでも、吸収できればよかったとおもいます。
尾木さんいわく、
自分の夢を実現するには、
まず動くこと、行動すること、
そして、
なりたい自己像を妄想し、
思い描くことだと。
尾木さん、黒澤さん、ありがとうございました。
またセイビにも来てもらい、
いろいろと話ををしていただこうとおもいます。
by seibi-seibi | 2016-07-20 10:04 | 芸大 美大受験 | Comments(0)


<< 来週から、夏期講習 一学期終了しました >>