ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展にいく

夏休み。
この自由な時間を利用して美術館に出かけましょう。
現在、世田谷美術館で
「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」
会期 6月28日から9月15日
が開催中です。
f0234596_10430933.jpg

明治維新で世界への扉を開いた日本。
数世紀にわたり鎖国にあって、その文化がなぞに包まれていた極東の島国「ニッポン」の美術は、惹きつけてやまないエキゾチックな芸術として、西欧の人々を魅了し、受け入れられたのでした。
日本画・浮世絵といった絵画作品はもちろん、サムライ・芸者といった、日本のさまざまな生活や習俗が紹介され、西欧の人々は、遥かかなたで独自に発達した文化ぜんたいを「ジャポニスム」という言葉で表現したのです。
今回の展示では、ボストン美術館に収蔵されている、日本の浮世絵や工芸品と、それに影響された油彩・工芸・織物などを並置して展示しており、西欧における日本文化の受容の過程が理解できます。
浮世絵に表現された日本の景色。大胆で劇的な構図。巧みな多色刷り技法。そのどれもが、西欧の画家たちを刺激する因子となったろうことは、容易に想像できます。なにか新しいもの、異なったものにたいして敏感な芸術家の前に現れた、「非ヨーロッパ」的な絵画から、インスピレーションを感じ制作された、ゴッホやモネの油彩には、ただの模倣ではない、彼ららしいアプローチや解釈が感じられます。
f0234596_10431447.jpg
浮世絵には、その一瞬の出来事の前後関係が凝縮されていて、見るものを飽きさせません。
橋を渡っている人たちに打ち付ける雨。
夏の夕暮れなのでしょうか。あたりに暗く垂れこめた黒雲に、岸向こうはかすんでいます。
突然、どっと降り始めた豪雨のなか、ひとつの傘に身を寄せて歩く人、裾をあげ、傘をすぼめて急ぐ女。
驟雨におどろき、先を急ぐ人々のようす、その時間が、この一枚の中から如実に感じられるのです。まるで映画のワンシーンを切り取ったような物語性を感じさせる秀逸な版画に出逢った、当時の西欧の人々の驚きがどれほどだったか、想像に難くありません。ゴッホによる広重の模写を併置して見てみれば、その衝撃の深さを理解できます。
f0234596_10432334.jpg
文化の大きな違い。それが隔壁となり、誤解や偏見を生み出してしまえば、不幸な争いへと向かってしまいますが、異文化を興味の尽きないものとして捉え、そこから豊かな想像力を生みだす源泉を見いだせば、双方の文化とも豊穣な収穫を得られる。ジャポニスムによる日本文化の影響は、異文化交流のすばらしい結果であったろうと思います。



by seibi-seibi | 2014-07-26 10:58 | Comments(1)
Commented by desire_san at 2014-09-22 14:20
こんにちは
私も世田谷美術館で「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展~印象派を魅了した日本の美」を見てきましたので、興味深く読ませていただきました。
当時の西洋の人々魅了したジャポニスムの熱気の様子、日本美術を模倣したジャポネズリー美術工芸品が流行、印象派などの画家たちが日本美術すらいろいろな技法を学んだ様子などが分かり易く展示されてしていろいろまなぶものがありました。
私はこの美術展見たことに触発されて、ジャポニスムが印象派などの画家たちをとらえた魅力、そこから何を学んで行ったかを自分なりに整理してみました。自分なりの見解も書いてみましたので、異論のある方もおられると思いますが、ご一読いだき、ご感想、ご意見などコメントいただけると感謝致します。


<< 夏期講習 前半終了 夏期講習開催中 >>