美大受験について1

この時期になりますと、志望校、志望学科の決定のため、面談を行います。
そのなかで、いろいろな質問が投げかけられます。
美大についてのそれらの質問は「当然だろうな」思われるものもありますし、誤解もあるようです。
ここで、そんな質疑から思うことを書いておきます。

「どの美大が良いのか。」

これはまず皆さんからもっとも良くいただく質問です。
結論からいえば「美大の優劣は、ない」と考えます。
あるとすれば、その学科・専攻・コースに自分が合っているのか、であって、どの美大か、ではないと考えています。
「大学入試」という言葉が示すとおり、入試は「大学」に焦点が絞られているようです。そのためどうしても、「ナニナニ大学」を受ける、というマインドができあがってきます。このとき同時に、専攻や学科について考慮していれば良いのですが、専攻や学科については、あいまいな理解のままの受験生が多いようです。
美大の場合、入学後、学科別にカリキュラムがあり、各学科の行う内容はかなり異なります。一般的な大学でいう、「一般教養」科目、座学の科目が少なく、一年生から、専門別な内容を、アトリエでの製作と実習でまなびますので、自分のやりたいことと専攻や学科適合していないと、かなり苦労してしまいます。
美大受験に当たって、まずは自分がなにをしたいのか、作り、描きたいのか、良く考えて、専攻と学科の選択をおこなうようにしてほしいものです。そしてその選択した専攻・学科を各美大で受験する、と考えたほうがよいかと思います。
このためにも、オープンキャンパスには自分で行くこと。案内は自分で読み、考えることをお勧めします。


by seibi-seibi | 2014-05-26 14:48 | 芸大 美大受験 | Comments(0)


<< 美大受験について2 本の装丁 カバーをデザインする >>