ムサビ説明会 開催中

夏の恒例となっている、説明会、昨日と今日はムサビです。
今回は公開講義もたくさんあって、朝から盛況の様子です。
f0234596_756242.jpg

この説明会は、ビダイ受験生にとっては、もっとも大切なイベントかもしれません。
大学の内容と雰囲気を肌で感じられるのが、まず第一。
そして合格参作。
実際合格した作品を、じかに見る機会としては、もっとも大きな展示だからです。
百聞は一見にしかず。
とにかく自分の専攻・学科の参作を、つぶさに見ておきましょう。
完成度の高い作品を見ておかないと
自分がどのくらい描けているのか、分からなくなって、
このくらいなんじゃないかと、勝手に思い込んでしまうことが多いのです。
受験最大の落とし穴です。

「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」(知彼知己、百戦不殆)

孫子の兵法にもあるとおり、相手を研究し、己を知る。
受験の極意はこれです。

さてさて、受験会場を離れてひとまわりすると、面白い展示にぶつかりました。

ムサビのデザインⅢデザインが語る企業理念:オリベッティとブラウン
Musashino Art University and Design III
Olivetti and Braun: Indicating Corporate Visions


美大ならでは企画展で、「分かる人には分かる」、とても興味深い展示でした。
f0234596_8976.jpg
卓上ファン・ディーター・ラムス

ラムスをリスペクトして止まない深沢直人氏のプロデュースによるのか、この卓上ファン、無印良品の電化製品として、甦っていましたので、MUJIで見られた方も多いのではないかと、思います。
f0234596_892911.jpg


「ブラウンとディーター・ラムス」については、以前書いていたので、そちらを参照していただくとして、
今回はオリベッティの、一連のポスター、その多くはジョバンニ・ピントーリの手になるものですが
これが一覧できたのは嬉しい。
なかなかまとめてみる機会は少ないので、このような展示は大歓迎です。

プロダクト・グラフィックの時代を画した、エポックメイキングな製品の数々を、実際に見られるのは、デザイン教育の上でも大切だと思います。大学はまさに、そういう機会を実現する場なのです。
by seibi-seibi | 2013-08-18 08:13 | 芸大 美大受験 | Comments(0)


<< 9/2より二学期開始します 夏期講習 後期 今日から開催 >>