頑張ろう受験生!!

いいところまできているが、時間内に仕上がらない。もっと完成度をあげたい。いつも同じ壁にブチあたる。終わらなかったらどうしよう。
様々な葛藤や不安があると思います。美大受験生、実技のある試験ではこういう悩みはつきもの。
悔しかったり、不安で夜も眠れないなんてこともあります。

一つ体験談。
沢山失敗するたびに、自分がもう歯がゆくて、悔しくて。。。脱せられない自分にだんだんと嫌気がさしていったのを覚えています。自分は何やって来たんだ?なんなだこの得体のしれない悔しさと不安は?
と本気で焦って、どうしよう、どうしよう。そこでふと今までやって来た作品を並べてみたのです。
ちょと怖かったですが、意外です。こなれてはいないが好きと思える表現や作品が極少数ですが見つかりました。(駄作は、恥ずかしさのあまり笑えました。色々思い出されて。)

今思えば、それまでほっといていた自分と向き合ったわけです。

それで、結局自分には今までの蓄積しかないわけだし、好きと思える自分の表現をなんとか時間内に人に見せられるかっこいいものにできないか?頼れるのは自分の蓄積のみ!
こう開き直ってしまったのです。こうなるとやることは一つ。

自分の完成形を求めるために、反復です。
表現や技法のみの反復、開始から完成までの反復、その成果の確認。正直にいいと思えるか?
少しでも気に入らないところがあれば、もう一回。
道具の置き方、色の準備、使えそうな資料のまとめ。。。。こそこそと自分の部屋にこもって。

これ意外と自分を紐解くようでいいものです。うまくいかないときのショックもあり緊張感もありますが、達成感と確信が生まれてきます。

何か一つでもいいのです。そこから自信が広がります。
「頑張ればなんとかなりそうだぞ」こう思えればしめたものです。

要するに自信を持つということは、保証を与えられることじゃなくって、「人間頑張ればなんとかなるものだ」と思える体験を掴んだかどうかなんです。

この実感。いいです。生きる源です。

ここから先、やれることをやって後悔しないように頑張ろう。実技も学科も。
ただ体は正直。休憩と食事はしっかりとって、風邪を引かないように☆
by seibi-seibi | 2012-01-20 22:59 | 芸大 美大受験 | Comments(0)


<< ムサビ発表まで。 センター終了 >>