美大受験 中盤へ

2011 春期講習の案内等については こちら
今日は多摩美テキスタイルと工芸科の受験ですね。
これで美大受験、私立美大のほとんどの受験も終わり、
残すはあといつくかのみになりました。
ここまで、あっという間にすぎていきました。
それでなくても2月は短いというのに、
もうすでに三週目です。
美大受験生も、そろそろ疲れがでてくる頃です。
女子美・造形大の合格発表も終わって、
張り詰めていたものが緩んでくる時期です。
でもここから芸大まで二週間。
まだ先はあります。
あとひとがんばり、元気を出していきましょう。

女子美・造形大、セイビの受験生はそのほとんどで合格しました。
はじめから女子美・造形大が第一志望だった人。
おめでとうございます!
女子美・造形大の合格者のなかには、
10月あたりからはじめた人もいます。
「まさか受かるなんて!」
確かに4ヶ月、短期決戦だったのですが、
合格すればそれで良しです。
またここから武蔵美・多摩美・芸大へと向かっている人は
気持ちを新たにがんばりましょう。
そして、残念ながら惜しくも不合格だった人もいます。
でも、ここで落胆してはなりません。
落ち込んでる暇はないのです。
逆にこれをバネにしてほしいのです。
いままでも、造形大不合格。でも武蔵美 多摩美合格。
逆に武蔵美・多摩美は合格したのに、桑沢デザイン研究所不合格。
なんていうのはたくさんいるのです。
そんな例は毎年あります。
美大を「難易度」とか「レヴェル」だけで判断してはいけません。
とにかく、心底本気になって、がんばりぬいた一枚を仕上げる!
つまり、がんばれば難関と思っているところも合格するのです。
全国のこれを読んでいる、
まだ良い結果の出ていない美大受験生の人へ。
「どんでんがえし」はまだできますよ!
ぜったい諦めないで!

by seibi-seibi | 2011-02-14 10:30 | 芸大 美大受験 | Comments(0)


<< 東京 積雪 数センチ SEIBI MAG >>