学科はやっていますか。

10月になりました。
なんとなく肌寒い季節。
このひんやりした空気を感じると、いつも学科のことをおもいます。
私大は一部を除いて英国の試験があります。
学科と実技の比率は2対3.
確かに学科は実技に比べれば、重要性が少ないようにみえます。
しかし、学科を軽視すると、美大受験では致命傷になります。
この時期になると、実技の追い込みと問題点の克服ばかりに目がいって
学科は後回しになる傾向があります。
いつの間にかあまり省みずに冬期講習あたりにまで来ると、
「あとはもう実技だ。そっちで挽回!」って考えに傾きます。
まあ実技でよかったら、それはもう問題ないです。
しかし二つある実技の両方で高得点をはじき出すのは意外と大変です。
それよりは、学科で稼いでおいて、もしもの保険にしたほうがいい。
もし実技のどちらかですこしとちっても、学科分で合格ラインに到達するようにする。
これが合格の秘訣なのです。
何事もバランスが大切なのです。
学科をおろそかにしない努力を、毎日少しづつでも心がけてください。
by seibi-seibi | 2010-10-06 09:41 | 芸大 美大受験 | Comments(0)


<< 卒業生の活動 「漆のしごと」展が開催中です >>