描くということ 1

f0234596_13233060.jpg
最近は昼間の時間を利用して、さまざまな人が描きにいらっしゃいます。一昔前なら浪人生たちがしのぎを削っていたものですが、いまは一般の方が多くなりました。
「わたし、絵はちっともなんですが」
「いまさらなのですけれど、できますか」
入会のとき、みなさん謙虚で控えめなことをおっしゃいます。...
しかし、描いてみると、習った経験があると一目で分かる方も。そして、それがかなりうまい。

高齢者と人は言います。
けれども、みなさん、決して高齢などではなく、むしろ若いくらいです。なによりも精神が若い。描きたいものがたくさんあって、次はこれを描きたいんです、と仰って、旅先の写真を持参する方の瞳の輝きは、女子高生たち現役受験生よりもキラキラとしててます。
みなさん、ちっとも老いてなどいないのです。
精神は老いることはないのです。成熟することはあっても。
描きたいという欲求。それは創造のエネルギーです。
経験と知識に裏打ちされて、創造性はますます、輝いているのがわかります。
なぜ人は描くのか。
どうしてつくりだすのか。
芸術の根源について、皆さんから教わることは多いのです。


# by seibi-seibi | 2017-11-21 13:24 | デッサン | Comments(0)

アニメーション作り

AO入試等、多様化する入試形態のせいもあって、最近はいろいろなもの、こと、に挑戦しています。
最近ではアニメーション作りがあります。
アニメーションというと、テレビで放映している商業用アニメを思い浮かべると思います。
生徒の多くも、アニメやゲームに興味がある、という人が多いです。
そこで、アニメーション作りの基礎をやってみました。
アニメといえばセルに描かれたもの(現在ではセルはないのですが)といった印象がありますが、「動き」を与えられたものは、すべて「アニメ」です。素材も何でもよくて、年度によるクレイアニメや、人形アニメもありますし、水彩絵の具や油絵の具で描いたものを動かすことも可能です。応用範囲は無限で、表現方法もさまざまです。
まずは普通に、原画を描いたもの。
この場合は鉛筆で描き、一枚一枚重ねて、動きを確認しながら行ったもの。
まだ作品ではなくて、演習です。
撮影はすべてスキャンで行い、動画ソフトで編集しています。



# by seibi-seibi | 2017-11-14 17:52 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

怖い絵展に行く

f0234596_14130450.jpg
現在、上野の森美術館で開催されている、怖い絵展に行ってきました。
解説と監修は、ドイツ文学者でもある中野京子さん。「怖い絵」シリーズなどの著作で知られる方です。
人の根源的感情のひとつに、恐怖があります。危険・不安・嫌悪、さまざまな感情を伴っている「恐怖」「怖さ」。それはほんらい、忌避したい負の感情であり、怖い思いなどしたくはないはずです。けれどもそれは同時に、「不安を伴う魅惑」を喚起もします。怖いもの見たさの感情。ホラーやサスペンスに代表されるようなスリリングさは、怖さを愉しむ感覚なのです。
さて、絵画における「怖い」とは、どんなものでしょうか。ミケランジェロの「最後の審判」に代表されるような宗教的恐怖から、中世の「死の舞踏」のような恐怖、ムンクの「叫び」のような、個人的・内面的な恐怖。さまざまな恐怖を思い描けることでしょう。
f0234596_14052581.jpg
今回「怖い絵」の代表として展示されている、ジェーン・グレイの処刑は、その写実的なリアリズムで、見るものを圧倒します。エリザベス一世即位直前、政争に利用され巻き込まれた、若き女性の処刑の様子は、哀れみと悲しみを誘う主題である以上に、その迫真性によって、見るものを恐怖に陥れます。エドワード六世死去をめぐる陰謀と政争、そしてシェーン・グレイの処刑については、英国史にゆずるとして、、絵画に描かれたそれは、まさに処刑されようとしている若い乙女の悲劇を、映画の一コマのように描き出しています。最期まで宗教的信条を曲げず、恐れにも屈せず、平静に諸兄に望んだというジェーン・グレイ。目隠しをされて、断首のために用意された台を探して、手を伸ばし、その手を導かれている女性の悲壮感は、恐怖を感じさせずに入られません。
画家はその演出のため、実際に処刑されたロンドン塔の上の部屋ではなく、地下室のような場を設定しています。純白のドレスもまた、穢れなき女性像を効果的に引き立てていますし、惨劇を予知させるのに十分です。倒れこみ茫然自失としている侍女とともに、これから起こる悲劇を劇的に描き出しています。処刑後、4時間に渡ってそのままにされ、覆われることもなく、晒された、と言いますが、いつの世においても、処刑とはつまり、同様の企てを阻止するために、恐怖を与える効果があったのだろうと想います。

怖さの中に、教訓を込めたり、訓戒を説いたりする絵画作品も多いのですが、やはりそれ以前に、恐怖に対する抗いがたい魅力もまた、底流としてあるのだろうと思います。
「怖さ」は美術史のなかでも常に傍流としてありつづけています。今回の展示は、怖さをめぐる主題の作品を集めた展示です。展示の切り口として面白く、関心を集められる展示になっています。


# by seibi-seibi | 2017-11-07 15:36 | 人と絵と、イメージ | Comments(0)

一般クラスの展示開始しました

本日より、一般クラスの展示始まりました。
期間は10/23から28
時間は12時より6時まで

セイビの一般クラスは、ウィークデイの午後、1-4時で開講しています。
年齢層も多岐にわたる、目標もモティベーションも異なった、さまざまな方々が学ばれています。
セイビの一般クラスの特長は、講師側の個性を押し付けないことでしょうか。
生徒の皆さんは、ひとりひとり、描きたい絵が異なります。描法も、各々がイメージした描き方があると想います。
セイビでは、原則として、その皆様の描きたい方向にあわせて、作品作りを行っています。
描法と描材は、一人ひとりが思い描くものを用意していただき、それで自在に自由に描けるよう考えています。
f0234596_13583369.jpg
描法を自在にできるのは、デッサンが分かっていてのこと。
どのように対象を捉え、観察して描くのか。この手続きの一切がデッサンなので、デッサンというものの意味が分かってさえいれば、あとはどのような材料を用いようが、自由に描き考えていけるはずです。英語の文型とか品詞のようなもので、何事も基本が大切なわけです。そして、自分らしい絵を自由に描くのが、セイビの一般科の目標です。
f0234596_13582891.jpg
セイビではあまり、やり方とかテクニックを教えません。デッサンは「見かた」「捉え方」です。それはつまり、観察によってしか得られないので、ここをこのように描くと描けます、といったことはできうる限り避けています。しかし、どうしても必要な場合は、ご説明していますが。
この一般クラスも40年以上にわたって、細々と続いております。
最近一番考えさせられるのは「なぜ描くのか」という点です。
高齢化が進む中で、定年後、リタイア後の「第二の人生」について、しばしば論議される時代です。
「老後には、趣味を」「一生続けられるものを」とか、よく聞かれます。
この議論には、ライフサイクルの終焉に、余暇をどう過ごすのか、といった視点が感じられます。
余った暇をどう潰すか、といったような・・・。
けれども、実際にセイビの一般科の製作風景を見ていると、まったくそのようなものではなくて、逆に、これから続く自由な時間の中で、いままで積み上げた知識と、スキルを総動員して、跳躍しようとする姿をお見受けします。歳を重ねるとは、経験と辛酸をそれぞれに経験し、克服して生き抜いた証です。みなさん仰らないけれども、さまざまな苦労も幸福もあったのです。人生という長大な大河にも似た時間の流れのなかを、懸命に泳ぎ続けていらしたわけです。
その果実を受け取れる時期が、皆さんそれぞれにやってきて、さあこれからそれを味わい、そうしたあとはもう一つ、軽やかに飛び越えていこうと、そんな気概すら感じられます。
描いている瞬間、時間は永遠となります。物を作るもののみが知る、一つの魔法。描くときは皆さん、この魔法に身をゆだねられます。創造はつねに「恒久の時」のなかに、精神を開放してくれるのです。
それはたんなる、老後、定年後の、愉しみではないことを、みなさんおわかりのようです。


# by seibi-seibi | 2017-10-23 14:48 | Comments(0)

変化していく、美大受験。

セイビでは、美大受験を40年近く行ってきています。
そのあいだにはさまざまな変化がありました。
1990年代までは、受験生増大に伴って、一次試験が設けられていました。
これがなんと、学科試験のみ。
倍率は数倍はあって、この一時にすべってしまうと、実技試験に進めませんでした。
一年間、夢中でがんばってきて、学科試験で落とされて辛酸を舐めた受験生のおおかったこと。
後悔してももうどうしよもないまま、浪人するという生徒もいました。

2000年代に入って、少子化による現象と並行して一次試験は廃止となり、
倍率も半分以下になりました。
いまでは、学科試験がAB日程。二回受けられるのです。
おまけにセンター振り替え入試もある。
受験は容易となり、入りやすくなった分、生徒たちにとってはありがたいことでした。

その上最近は、AO入試が増大。
一般入試を受けることなく、ポートフォリオと面接で、合格していきます。
各々の個性を発掘して、それで勝負できるという点においては、大きな利点でもあり、歓迎すべきなのでしょう。
画一化して硬直しがちな「美大入試」を柔軟に変化させるという意味においては、よいことです。

しかしながら、AOは一般入試よりも楽なのではないか、と考える受験生がいるのも事実です。
しかし、決してそうではありません。
受験の選考の仕方、判断基準が、一般入試とは異なっているというだけで、大変なのは事実です。

AOのばあい、まず第一に、各々がきちんとした主体性と思考能力を処理能力を持っているかが問われます。
なんとなくまとめたポートフォリオからは、熱意や主体性が読み取れず、ただ、作ってみただけになってしまうのです。
AOで問われるのは、はっきりとした目標が見定められているのかです。
自分の目標が見えているか、と言い換えてもいい。
これは現役の高校生にとっては、案外難題です。
またそれを、人に伝えられるようにまとめられるか。
はっきりとプレゼンテーションで言い切れるのか。

これからはそれでもAOが主流となって来るでしょう。
となると、高校時代のかなり初期から、何がしたいとか、どんなふうなことを大学でやってみたいのか、
現実的で具体的な目標・目的を見出せるよう、日々探求していかなければならないと想います。

受験は変化し続けます。
その変化の波が、受験生にとっても、大学にとっても、本当に実りのあるものになることが大切と想います。



# by seibi-seibi | 2017-10-14 14:41 | Comments(0)

冬期講習募集開始しました

2017年度、冬期講習の募集を開始します。今年の冬期講習の期間は12/18-28となります。12/24はお休みです。
セイビは、現役生がほとんどなので、合格レヴェルまで確実に引き上げられるのは、冬期・直前講習の時期となります。高校の帰りに夜間で3時間だけしかできなかった現役生を、時間内で、確実に合格する実技を描けるように育てられるのが、冬期講習です。

セイビでは、クリエイターとして本当に必要なこと、自分で考え、解決し前進できる力を身につけられるよう、指導しています。美大受験に直結した冬期講習でも、それは変わりません。自分で考えて、作り出すこと、それを念頭においています。
とはいえ、受験で必要な要領、コツ、技術は、しっかり学びます。その上に立って、合格後のことを見据える。そういう気持ちで指導しています。...
合格するか否かを不安に思うのが受験生の常ですが、合格は当たり前で、問題はそのあと伸びられるかどうかです。合格してそれだけで終わってしまうとしたら、なんのために美大なんて珍妙な(失礼)ところを目指したのかわかりません。せっかく行くのであれば、そのあと大きくなって、未来をつかんで欲しい。受験と合格はそのためのプレリュードであって欲しいと考えています。

冬期の受付は12-8時。電話かメールしてください。


# by seibi-seibi | 2017-10-14 13:51 | Comments(0)

フィンランドデザイン展に行く



9/9から10/22まで府中美術館で開催されている、フィンランドデザイン展に行ってきました。
最近人気が出てきて、その存在を知られるようになったフィンランドのデザイン。
「北欧」ということばとともに、知的で、けれどもどこか素朴な印象があり、そのぜんたいからある種の「暖かさ」を感じさせずにはおかないデザインに、人々は安らぎと癒しを感じているのかもしれません。
マリメッコの豊かで大胆な色使いや、マイヤ・イソラの自由でユーモアをたたえたデザインから、イッタラやアラビアに代表される陶器の洗練されながらも柔らかな造形に、「フィンランドらしさ」を仮託して見てしまう。そういう傾向があるようです。
それがフィンランドの持つ国民性や、地理的な条件から来るものなのかは、わかりません。ただ、第二次大戦後、ようやく豊かになりつつあった1950年代以降のヨーロッパからの影響を受容しながら、フィンランドらしく発展したということは言えると想います。
しかし、アルヴァ・アアルトのパイミオといった椅子を見れば、それがバウハウスの機能主義を基礎におく、きわめて合理的な思想の流れに拠っていることは、一目瞭然です。スタッキングできる、アルテック社の椅子など、バウハウスらしさが前面に押し出されています。フィンランドでも、ドイツの合理主義から影響を受けた、このようなデザイナーが輩出されています。けれどもやはりなにか、「フィンランドっぽく」見えてきます。
f0234596_15564386.jpg
それはたぶん、19世紀から続く、木工家具の製作技術や、それを支えていたであろう職人たちがたくさんいたからではないかとおもいます。デザインしたものを、最終的に作るのは、人です。人の手を経てしか、モノは生み出されません。そこに暖かさ、優しさがあったからこそ、あのような柔らかな造形が出来上がっていったのだろう、と感じました。

展覧会場にはアアルトの椅子や、エール・アーロニオのボールチェアが置かれていて、実際に座り心地を体験できます。また、ショップのマリメッコ関連の書籍の多くは、セイビ卒業生 島塚絵里さんの手になるものです。ぜひ手にとって見てください。

# by seibi-seibi | 2017-09-28 15:57 | デザインするって? | Comments(0)

二学期開始

二学期になりました。
ここからが本当の実力輪引き出す大切な時期です。
f0234596_19170506.jpg

# by seibi-seibi | 2017-09-05 19:17 | Comments(0)

夏期講習 後期 はじまります!

今年の夏は、雨続きで、東京はまさに秋のようですが、本日より夏期講習後期を開始いたします。
あと二週間、疲れもでてる来時期ですが、最後まで走りぬけましょう。


# by seibi-seibi | 2017-08-14 07:54 | Comments(0)

夏期講習 後期 はじまります!

今年の夏は、雨続きで、東京はまさに秋のようですが、本日より夏期講習後期を開始いたします。
あと二週間、疲れもでてる来時期ですが、最後まで走りぬけましょう。


# by seibi-seibi | 2017-08-14 07:54 | Comments(0)

明日より夏期講習後半開始します

さて、明日から8/26まで、夏期講習の後半を開始します。また連日朝早くからとなりますので、遅刻のないように頑張りましょう。

# by seibi-seibi | 2017-08-13 14:08 | Comments(0)

momo展 開催します

セイビ卒業生で、現在ムサビ空デ3年の、澤口 百花さんが、ギャラリーで展示を行います。夏休み中なので、皆さんご覧になってください。
f0234596_07140531.jpg

# by seibi-seibi | 2017-08-02 07:14 | Comments(0)

2017夏期講習 2

アイデアをカタチにする。

平面構成の演習課題です。紙の上に、自分のアイデアをどのように表現するのか。限定された道具と手法の中で、どこまで完成度をあげられるのか。絵スキースと試行錯誤が繰り返されます。
平面構成で問われているのは、自分の思ったことを表現することですが、それ以上に、どのように伝えるか。伝わるのか。見る側、受け取る側に、どのようなメッセージを伝達できるのか。これを忘れてはなりません。独りよがりな「表現」でおわらず、誰にでも理解でき、伝わる表現を目指さなくてはなりません。それが、視覚で、もの・こと、を伝達する基本となります。ビジュアルコミュニケーションとか、視覚伝達とか呼んでいるのは、描いたもの=平面構成を、コミュニケーション手段として用いるスキルであるということです。「デザインすること」の目的は、不特定の誰かに伝える、伝達する、理解しあうことです。
そのためにアイデアを出して、絞り込んでゆくのです。
f0234596_11345602.jpg

# by seibi-seibi | 2017-07-28 11:35 | 芸大 美大受験 | Comments(0)

2017夏期講習 1

はじまりました、セイビの夏期講習。最初はデッサンです。一日6時間かけて描くだけでも辛いものです。
まず、この時間に慣れることが必要です。
デッサンは、上手くいったときより、失敗したときのほうが、学びは多いのです。
上手くはいかず、結果として現れず、何をしたのかわからないときこそ、試行錯誤しているのです。
その傷跡が、作品になっている。
としたら、苦労して、あがいた作品のほうが、あとでの実りをもたらすのかもしれません。
どんなに苦しくても、良く見て観察して、真摯にごまかさず、描ききってください。
f0234596_17275823.jpg

# by seibi-seibi | 2017-07-25 17:28 | Comments(0)

夏期講習開始します

2017年7月24日 本日より夏期講習を開始します!
今年も酷暑となろうかと想いますが、がんばっていきましょう。
夏期講習は、とくに現役生にとっては、またとない集中して描ける時期です。
一学期で学んだことを基礎にして、大きくステップアップしましょう!


# by seibi-seibi | 2017-07-24 08:00 | 芸大 美大受験 | Comments(0)